遺伝子解析・家系分析と予防とリスクマネジメント事業について


遺伝子解析・家系分析と予防と保険

わたし達は健康と資産のリスクマネジメントを遺伝子レベルから行う世界で唯一の企業です

2011年現在、自分の遺伝子を全て知るということは個人でも可能なレベルに突入してきています。
遺伝子はいわば「身体の設計図」です。
この設計図からわたしたちは、色々なヒトの遺伝子の比較情報の積み上げにより、弱い部分と強い部分を見出すことが可能になっています。

一般的にも家系として「がん家系」、「心臓が弱い家系」、「脳梗塞のようなもので亡くなる家系」など、経験的に身体のどのような部分が脆いかを予測することを皆行っています。
これは遺伝子を通して先祖から引き継いできている体質があるということです。
これを遺伝子レベルまで突き詰めた遺伝子解析で、「先祖から遺伝情報を引き継いで貰った自分の身体の設計図」を知ることが出来、どこがどのくらい脆いかなどもいよいよわかる時代に突入してきました。

遺伝的・家系的リスクの可視化

わたしたちENVIROMEは遺伝子解析や家系分析により、そのリスクを個人に可能性としてのリスクを数値で可視化します。
たとえば、肝臓がん・大腸がんになる確率、糖尿病になる確率等色々な指標を数値化することが可能です。

最高の遺伝的・家系的リスクのマネジメント(予防)

遺伝的・家系的リスクはある程度の傾向から予防を出来ます。
例えば脂肪が多い食事を控えることで大腸がんの予防や禁煙による肺がんの予防、高塩分食の摂取を控えることでの血管・血圧系疾患の予防などがより必要なヒトに対して行うことが出来ます。
食生活や、サプリメント、日々の適度な運動などの行動改善により、健康年齢を増やし有意義な人生を送っていただく知識及び行動のサポートを行います。

遺伝的・家系的リスクのマネジメント(保険)

健康においてのリスクマネジメントでは予防が最優先事項です。
しかしながらもし疾病に罹ってしまったとき、健康上のリスクは資産のリスクへと直結します。
遺伝的・家庭的リスクを数値化することで、資産上のリスクも明確化することが出来ます。
また、世の中には一般的な医療保険からがん保険、三大疾病に関する保険、女性特有の疾病に備える保険など色々なものが出回っていますが、それらから自分がなりやすい疾病に対する指標として遺伝子解析結果・家系分析結果を有効活用することが出来ます。

遺伝的・家系的リスク対策には予防と保険

わたしたちは遺伝子や様々な環境(因)子を分析し、予防を最優先に提案します。
それでも賄いきれない健康上のリスクに対し保険を提案させていただきます。
個々の違いはありますが、家族が居ない方はFPの立場から保険は継続的な月収の5-7%程度、家族が居る方は家族の人数に応じて継続的な月収の7-12.5%程度が望ましいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です