Envirome,Genome,Phenome Database – Diabates G:CDKN2A

Envirome,Genome,Phenome Database G:CDKN2A

Envirome,Genome,Phenome Database(環境子,遺伝子,現象子データベース)

環境子・遺伝子リスト(糖尿病)

#E10-14>9p21.3(G-004)

#E10-14>9p21.3
Diabates Related Factor:G-004
糖尿病関連遺伝子>4
OMIM:600160
CYCLIN-DEPENDENT KINASE INHIBITOR 2A; CDKN2A
gene location 9:21,967,750 – 21,994,489
Phenotype:
155755=Melanoma and neural system tumor syndrome
606719=Pancreatic cancer/melanoma syndrome
155601={Melanoma, cutaneous malignant, 2}

CDKN2A:CYCLIN-DEPENDENT KINASE INHIBITOR 2A

CDKN2Aは細胞周期抑制遺伝子であり、膵臓ランゲルハンス島β細胞の増殖や維持に関係する遺伝子であると考えられている。CDKN2Aは、CDK4キナーゼ抑制遺伝子としての機能を持つアイソザイムや、癌抑制遺伝子であるp53の安定剤として作用するARFタンパクをコードしている。CDKN2Aはp53の安定剤として作用するARFタンパクをコードすることで、細胞周期G1期の制御に関与する。また、CDKN2Aはサプレッサー遺伝子として知られており、癌の発生や転移を抑制している。(1)
CDKN2AのSNP(rs10811661)は、膵臓ランゲルハンス島β細胞の機能障害に関与しており、インスリン分泌におけるrs10811661の影響を決定しているのは、血糖である。(2)
また、β細胞の増殖は若年期において、リノール酸やパルミチン酸を含むFFAによって抑制される。FFAは、細胞周期抑制遺伝子であるCDKN2Aやp18を通じてβ細胞の増殖を抑制する。CDKN2Aの発現は年齢によって異なり、若年期におけるCDKN2Aの発現は、2型糖尿病発症リスクとなることが考えられる。(3)(4)

参考文献
(1)Kovacs,E et al. Dual coding in alternative reading frames correlates with intrinsic
protein disorder Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 107 (12), 5429-5434 (2010)
(2)Martin Heni et al. Glycemia Determines the Effect of Type 2 Diabetes Risk Genes on Insulin Secretion Diabetes. 2010 December; 59(12): 3247–3252.
(3)Jordan Pascoe et al. Free Fatty Acids Block Glucose-Induced β-Cell Proliferation in Mice by Inducing Cell Cycle Inhibitors p16 and p18 Diabetes. 2012 March; 61(3): 632–641.
(4)Taneera J et al. Expression profiling of cell cycle genes in human pancreatic islets with and without type 2 diabetes. 2013 Aug 15;375(1-2):35-42. doi: 10.1016/j.mce.2013.05.003. Epub 2013 May 22.

更新日2013/09/26
著者:N.Oginome
編集者:T.Maruyama