Envirome,Genome,Phenome Database – Diabates G:FTO

Envirome,Genome,Phenome Database G:FTO

Envirome,Genome,Phenome Database(環境子,遺伝子,現象子データベース)

環境子・遺伝子リスト(糖尿病)

#E10~14>16q 12.2(G-003)

#E10~14>16q 12.2
Diabates Related Factor:G-003
糖尿病関連遺伝子>1
HGNC Approved Gene Symbol:FTO(Fat and obesity associated, alpha-keto glutarate-dependent doozy genes),ALKBH9
AlkB homolog 9; alpha-ketoglutarate-dependent dioxygenase FTO; fat mass and obesity-associated protein; protein fto
Cytogenetic location: 16q12.2
Genomic coordinates (GRCh37): 16: 53,737,875 – 54,148,379

FTO:Fat and obesity associated, alpha-keto glutarate-dependent doozy genes

FTOとは、核酸の脱メチル化酵素であり、脂肪組織や視床下部で発現する遺伝子である。特に視床下部では、栄養状態が悪化すると発現量が増加する。FTOは、酸化的代謝、脂肪合成、筋での酸化ストレスに影響する可能性のある遺伝子である。また、2-oxo-glutarate(2-OG)依存性ジオキシゲナーゼ酵素ファミリーの一員であり、アルキル化されたDNAやRNAを酸化的脱メチル化によって修復する。二本鎖DNAに活性を示さず、含まれる塩基によって活性が異なる酵素である。(1)(2)
rs9939609のリスクアリルがホモ接合の場合、体重増加傾向を示す。FTOノックアウトマウスでは、エネルギー消費量が増加することから、FTOの過剰発現は、発現量依存的に体重と脂肪量増加に関与する。FTO過剰発現に加え、高脂肪食を摂取することで、耐糖能異常を出現させる。これにより、2型糖尿病発症リスクが高まる。(3)(4)FTOは、2型糖尿病発症時に骨格筋で過剰に発現するが、チアゾリジン薬によりFTOの発現を減少させることができる。(5)

Gene Phenotype Relationships

Omim#:Phenotype
612938=Growth retardation, developmental delay, coarse facies, and early death (成長遅延、発育遅延、および早期死亡)
612460=Body mass index QTL14

参考文献

(1)春日雅人/編 糖尿病学イラストレイテッド 発症機序・病態と治療薬の作用機序
(2)門脇 孝 等編 糖尿病学 基礎と臨床アップデート版Ⅰ 
(3)Church C et al. Overexpression of FTO leads to increased food intake and results in obesity. Nature Genetics 42 1086-1092 (2010)
(4)Timothy M Frayling et al.A Common Variant in the FTO Gene Is Associated with Body Mass Index and Predisposes to Childhood and Adult Obesity. Science vol.316 no.5286 pp889-894
(5)Bravard A et al. FTO is increased in muscle during type 2 diabetes, and its overexpression in myotubes alters insulin signaling, enhances lipogenesis and ROS production, and induces mitochondrial dysfunction. Diabetes January 2011 vol.60 no.1 258-268

更新日2013/09/18
著者:N.Oginome
編集者:T.Maruyama