Envirome,Genome,Phenome Database – Diabates G:MTNR1B

Envirome,Genome,Phenome Database G:MTNR1B

Envirome,Genome,Phenome Database(環境子,遺伝子,現象子データベース)

環境子・遺伝子リスト(糖尿病)

#E10-14>11q14.3(G-006)

#E10-14>11q14.3
Diabates Related Factor:G-006
糖尿病関連遺伝子>6
HGNC Approved Gene Symbol:MTNR1B
MELATONIN RECEPTOR 1B; MTNR1B
Cytogenetic Location : 11q21-q22
Genomic coordinates (GRCh37): 11; NC_000011.9 (92702789..92715948)
Phenotype: 613233 = Fasting plasma glucose level QTL 3

MTNR1B:MELATONIN RECEPTOR 1B

MTNR1Bは、脳の松果体から分泌されるメラトニン受容体であるメラトニンレセプター1Bをコードしている。MTNR1BのmRNAは、ランゲルハンス島で発現し、ラ島β細胞の発現を制限する。メラトニンレセプター発現が上昇することで、β細胞の働きが阻害される。(1)β細胞によるインスリン分泌は、メラトニンにより阻害される。メラトニンは、インスリン分泌を抑制し、β細胞にサーカディアンリズムの情報伝達を阻害するホルモンである。サーカディアンリズムは、代謝機構を調整しており、不相応なサーカディアンリズムは代謝障害を助長する。(2)

MTNR1BのSNP(rs10830963)はTCF7L2のSNP(rs7903146,rs12255372)とその他6種類のSNPと共に妊娠糖尿病と相関している。(3)また、MTNR1BのSNP(rs10830963) は、空腹時のグルコース濃度を上昇させる。この SNPがCアリルではなくG アリルを持つ人は、インスリン分泌が阻害され、インスリン感受性が大幅に低下することに関与する。2型糖尿病患者でMTNR1Bが過剰に発現していることから、MTNR1Bの過剰発現は、2型糖尿病発症リスクを上昇させる。(1)

参考文献
(1)Valeriya Lyssenko  et al. A common variant in the melatonin receptor gene (MTNR1B) is associated with increased risk of future type 2 diabetes and impaired early insulin secretion Nat Genet. 2009 January; 41(1): 82–88.
(2)Nagorny C at al, Tired of diabetes genetics? Circadian rhythms and diabetes: the MTNR1B story? Curr Diab Rep. 2012 Dec;12(6):667-72.
(3)Peschke E et al, New evidence for a role of melatonin in glucose regulation. Best Pract Res Clin Endocrinol Metab. 2010 Oct;24(5):829-41.

更新日2013/10/24
著者:N.Oginome
編集者:T.Maruyama