Envirome,Genome,Phenome Database – Diabates G:SLC30A8

Envirome,Genome,Phenome Database G:SLC30A8

Envirome,Genome,Phenome Database(環境子,遺伝子,現象子データベース)

環境子・遺伝子リスト(糖尿病)

#E10-14>8q24.11(G-005)

#E10-14>8q24.11
Diabates Related Factor:G-005
糖尿病関連遺伝子>5
HGNC Approved Gene Symbol:SLC30A8
SOLUTE CARRIER FAMILY 30 (ZINC TRANSPORTER), MEMBER 8; SLC30A8
Cytogenetic Location : 8q24.11
Genomic coordinates (GRCh37): 8:117,962,511 – 118,188,952
Phenotype: 125853 = Diabetes mellitus, noninsulin-dependent, susceptibility to

SLC30A8:SOLUTE CARRIER FAMILY 30 (ZINC TRANSPORTER), MEMBER 8

SLC30A8は、亜鉛トランスポーターZnT8をコードし、膵臓ランゲルハンス島β細胞に特異的に発現するアイソザイムで顆粒膜や細胞膜に存在する。SLC30A8の発現は、亜鉛、脂質、グルコース量に呼応する。SLC30A8発現量の変化はインスリン分泌と関連がある。SLC30A8発現の減少は、亜鉛が減少することに加え、脂肪毒性が生じることで生じ、GSISを減少させる原因となる。しかし、SLC30A8の過剰発現は、テトラキス(2-ピリジンメチル)エチレンジアミンやパルミチン酸により引き起こされるGSIS減少を阻害する。(1)さらに、SLC30A8をノックダウンすると、インスリン分泌低下し、耐糖異常が生じる。(2)
SLC30A8のSNPであるrs13266634はPTDM感受性と相関を示す。ZnT8 325に発現するアミノ酸の種類が、CsA感受性を決定する。ZnT8 325がTrpの場合、CsAによるインスリン分泌抑制を阻害し、Argの場合は阻害しない。(3)そして、ZnT8のArg325Trp多型のホモ接合は、インスリン分泌第一相を減少させることで、β細胞の機能障害の原因となる。したがって、ZnT8のArg325Trp多型のホモ接合は、2型糖尿病発症の原因となることが考えられる。(4)

参考文献
(1) Lefebvre B et al. Regulation and functional effects of ZNT8 in human pancreatic islets. J Endocrinol. 2012 Aug;214(2):225-32.
(2) Fu Y et al. Down-regulation of ZnT8 expression in INS-1 rat pancreatic beta cells reduces insulin content and glucose-inducible insulin secretion. PLoS One. 2009 May 25;4(5):e5679.
(3) Kim I et al. A low-risk ZnT-8 allele (W325) for post-transplantation diabetes mellitus is protective against cyclosporin A-induced impairment of insulin secretion. Pharmacogenomics J. 2011 Jun;11(3):191-8.
(4) Boesgaard TW et al. The common SLC30A8 Arg325Trp variant is associated with reduced first-phase insulin release in 846 non-diabetic offspring of type 2 diabetes patients–the EUGENE2 study. Diabetologia. 2008 May;51(5):816-20.

更新日2013/09/26
著者:N.Oginome
編集者:T.Maruyama