多因子遺伝情報に基づく環境情報コントロール医療チームによる包括的疾病予防サポートについて

遺伝情報・環境情報に基づく医療チームによる疾病予防サポート開始のご案内

この度、ENVIROME株式会社は、戦略的ライフデザイン(SLD)の一環として、
ヘルスアドバイザーとして医師を含む医療チームによる、個人を対象にした遺伝情報に基づく疾病予防サポートを開始します。

MGEMS:多因子遺伝情報医療チームによる生活プランニングサポート

サポート対象疾病

サポート対象疾病は、
・がん(各領域)
・糖尿病
・リウマチ
・女性疾病
・骨粗しょう症
・高血圧
・高脂血症
・アレルギー性疾病各種
・他生活習慣疾病
となります。
他にも予防を目的にあらゆる疾病に対して、
取り組んでいこうと考えています。

多因子遺伝情報に基づく環境子コントロール

このサービスにより、私たちの遺伝情報を元にして環境情報を用い生活習慣疾病、慢性疾病の予測・予防に取り組みます。
遺伝情報により、代謝因子、神経関連因子、がん等の疾病に関わる因子を調べそれに対する生活をコントロールしていきます。
食、睡眠、呼吸、他すべての日常の行動をコントロールすることで徹底的に疾病を予防し、対策していく事が可能になります。

担当医師に関して

担当医師を含むチームは、産業医を中心に各疾病領域に強い、身体を遺伝子を含めシステムとして診る事が出来る最先端の予防知見をもった医師

これにより、既存のダイエット目的での簡易遺伝子診断によるサービスなどでは踏むこめなかった疾病の予防の領域に踏み込みます。

2011年に試験的に開始したこのプログラムは世界で初の試みになります。

環境子と遺伝子を繋ぐ予防・予測に基づく栄養プログラム

以下にあげるような環境子と遺伝子を繋ぎ、遺伝情報による疾病予測に基づく栄養学的予防として日々の生活改善を強力にサポートする事が出来るようになります。
1.環境子として、身体の構成物質、代謝を支える日々の食事において栄養学的観点を踏まえた多因子による疾病予防
2.遺伝子として、先祖より蓄積されてきた情報を踏まえ先天的科学技術により遺伝学的観点を踏まえた多因子による疾病予測

次世代医療、産業に生活改善に対する想い

わたしたちは、近代化、工業化などにより劇的に変化した生活環境の改善を先端技術である遺伝情報を元に行い、
既存の産業、医療、教育機関そして個人が健全に新しい健康領域に入っていけるようなサポートをしたいと考えております。

暖かいご理解、お力添えに感謝すると共に、
皆様のご健康をお祈り申し上げます。

2013年9月26日
ENVIROME株式会社
代表取締役社長兼CEO
丸山智久

がん・生活習慣病対策

がん・生活習慣病対策

がんをはじめとして、糖尿病、心・血管疾患、アレルギー等免疫疾患、高血圧、脂質異常症、肥満等の生活習慣疾病の予防に遺伝子というアプローチから取り組んでおります。
同時のこれら生活習慣疾病の改善にも名医の居る専門医療機関等との連携により、つとめています。

がん・生活習慣病との闘病に関する資産面でのアドバイス

がんや糖尿病などは一度発症すると一生付き合っていかねばなりません。
がんをはじめとした生活習慣疾病と付き合っていくに当たり、資産バランスが重要になってきます。
エンヴィロームでは先端医療の専門家であると同時にファイナンシャルプランナーとして、病気に付き合っていくアドバイスを致します。

また、名医、専門医の紹介を同時に行うことができます。

ご相談は、完全予約制で対応しております。まずはお問い合わせ下さい。

法人の方・人事部門の方へ(がん・生活習慣病に関する先端医療専門家としての包括的アドバイス)

大切な企業・機関の人材(仁財)がもしもの疾病でキャリアを考え直さざるを得ないとき、
弊社は、医師をはじめとした医療専門家や社労士等と連携し、個人の闘病をサポートし、
キャリア再構築や復職までの道のりをアレンジするお手伝いをすることが出来ます。

人材(仁財)は企業にとって素晴らしい財産です。
また、人材は人そのものです。
これを理解し、いかに健全な生活に闘病の状態から戻すかということがとても大事なポイントです。
人材の不意のリタイアメントは社会にとってもマイナスです。
是非、ご相談下さい。

ご相談は、完全予約制で対応しております。まずはお問い合わせ下さい。