かけい分析相談(家系と家計の分析)のお問い合わせ

あなた自身とご家族の健康を基盤としたライフスタイル構築のために

かけい分析・解析、遺伝子検査包括サービスのお問い合わせをいただきありがとうございます。
以下にご記入の上、折り返しのご連絡をお待ちください。
※遺伝情報解析のブームとあわせ弊社の本質的サービスにより、大変予約が殺到しております。
ご希望日程をなるべく3つご記入の上、ご連絡ください。面談担当者秘書より、ご連絡させていただきます。
※東京以外でのお問い合わせも増えてきております。別途実費交通費等を頂くことで、担当として対応させていただくこともできます。
是非、記入欄にその旨連絡の上、お気軽にお問い合わせください。

電話無料相談(5分程度)

ご相談を検討されている方には、ご相談成約前に、5分程度の無料電話相談を受け付けています。
健康に関する疑問やサービスに関する疑問等ある方は、こちらからメインの連絡先にご連絡しご説明致します。
申し込み備考欄に無料相談希望とお書き下さい。

お支払いやキャンペーンについて

相談料の分割のお支払いも可能です。申し込み備考欄に分割払い相談希望とお書き下さい。

健康応援:第二回健康予防相談促進キャンペーン(ヘルスベースコーチング&ガイド成約の場合全額免除など)

戦略的ライフデザインを行った方で、ライフプランニングがうまく設計出来、
戦略的ライフデザインのENVIROMEの保健士による健康生活習慣作りのヘルスベースコーチング&ガイドプラン成立者の方はかけい分析・解析の相談費用全額免除致します。

※第二回健康予防相談促進キャンペーンは2013年11月30日までのお申し込みに限ります。お早めにご活用下さい。

家計応援:第一回金融系相談促進キャンペーン(ほけん成約・海外分散投資成約の場合半額免除など)

戦略的ライフデザインを行った方で、ライフプランニングがうまく設計出来、
戦略的ライフデザインの健康ベースコーチングプランとの連動ファイナンシャルプランニングの成立者の方はかけい分析・解析の相談費用全額免除致します。
ほけん見直し成約の場合、かけい分析・解析の相談費用半額を免除いたします。
提携先投資顧問成約の場合も当方投資応援料として5,000円をキャッシュバック致します。

※第一回金融系相談促進キャンペーンは2013年10月31日までのお申し込みに限ります。お早めにご活用下さい。

かけい分析・解析お問い合わせフォーム

ENVIROMEでは、お客様の健康を基盤としたかけい分析・解析のご相談を受け付けております。
健康を基盤とした人生設計のためにぜひご連絡下さい。追ってこちらからご返信致します。

お名前 (必須):Your Name (*)

ご面談希望場所:Place
ENVIROME秘匿スペース(E-Space)は、弊社の専属スペースです。
公共スペース(P-Space)は秘匿性が保たれやすい落ち着いたホテルのカフェなどで行います。

ご希望日:Date
大変人気となっていますので、なるべく3つの希望日をご記入ください。
第一希望日

希望時間(9:30-18:00)
第二希望日

希望時間(9:30-18:00)
第三希望日

希望時間(9:30-18:00)

ご所属の機関 (任意):Your institution

お仕事の種類 (必須):Category of Your Work

メールアドレス (必須):Mail Address (*)

希望するサービスコンテンツ:Service Contents
かけい分析・かけい解析(簡易遺伝子・環境子解析)遺伝子解析キットによる疾病可能性予測サービス(オプション)健康アドバイスサービス

ご相談内容等(特に相談に関する概要等あればご記入下さい)

ご連絡先①

ご連絡先②

URL

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

ご記入いただきありがとうございます。

お客様にあった健康長寿で素晴らしい人生を歩むサポートをさせていただければ幸いです。

※次世代健康基盤ヴィジョンアライアンス:Health Based Vision Alliance(HBVA)参加のご相談もお受けしております。
HBVAの詳細は→次世代健康基盤ヴィジョンアライアンス(HBVA)
※次世代健康基盤ヴィジョンアライアンスとは、健康長寿をベースとした社会づくりに協力するこ公的機関、法人、個人の集合体です。
次世代に向けて健康で明るい持続可能成長ができる社会を構築するための企業間ミーティングや経営協力などを推進しております。
こちらに関するお問い合わせは別途、メール(sld(at)envirome.com)もしくはコンタクトフォームにより、HBVA参加希望として、お問い合わせください。
年2回の次世代健康産業に関する会員会合、交流会などを行っています。

お問い合わせいただきましたお客様の情報は個人情報保護法のもと弊社が責任をもち管理させていただきます。

EGPDB Envirome Genome Phenome Database Project

EGPDB Envirome Genome Phenome Database Project

Envirome Genome Phenome Database Project
環境子と遺伝子と身体事象に関する包括的データベース構築プロジェクト

Envirome,Genome,Phenome Database Projectとは

疾病や身体事象:Phenomeに関する環境子(環境因子):Envirome,遺伝子(遺伝因子):Genomeを整理し、
網羅的に身体状況と遺伝や環境の関係を表すプロジェクトです。

対象疾病と身体事象

あらゆる疾患を遺伝子と環境子※の観点から、整理しその相関を示していきます。

糖尿病

糖尿病>ICD:E-10-14

悪性新生物(がん)

悪性新生物(がん)>ICD:C-0-9,D-0

心臓病(心臓疾患)

心臓病(心臓疾患)

脳卒中(脳血管疾患)

脳卒中(脳血管疾患)

精神疾患

精神疾患

膠原病

関節リウマチ (rheumatoid arthritis; RA)
全身性エリテマトーデス (systemic lupus erythematosus; SLE)
強皮症 (Scleroderma)
皮膚筋炎 (dermatomyositis complex; DM) / 多発性筋炎 (polymyositis; PM)
結節性多発性動脈炎 (polyarteritis nodosa; PN)

代謝内分泌疾患

糖尿病>ICD:E-10-14

遺伝因子優勢疾患(遺伝性疾患)

遺伝性疾患

各種の疾患

各種の疾患

ENVIROMEでは、一般の方にも遺伝子の多様性を理解していただき、身体を作る遺伝子が多因子として、環境子とのかかわりにより疾病を起こしていることを理解していただくことで、
その多因子に対する対策方法を実践していただき、よりよい健康に寄与したいと考えています。

※環境子とは:
ENVIROME株式会社環境子遺伝子研究所所長 丸山智久氏が提唱する身体事象に対しての環境を因子化するという考えに基づいた、環境の総体です。
遺伝情報に対するインプット情報としての環境をより分かりやすく示す目的に因子化を行っています。

EGPDB:Diabates (糖尿病関連因子)

EGPDB:Diabates (糖尿病関連因子)

糖尿病に関連する遺伝子と環境子を記しています。

糖尿病とは

血糖を調節するインスリンが不足し、常に血糖が高い状態になっている状態。
Ⅰ型とⅡ型が知られる。

糖尿病関連環境子(Envirome ; Environmental Factor)リスト

Drive Factor

1.高糖質食
2.高脂質食
3.肥満(BMI≧25.0)
4.歩行基準値:男性8,202歩、女性7,282歩 以下の歩行

Inhibiting Factor

糖尿病関連遺伝子(Genome ; Genetic Factor)リスト

1.KCNQ1(#E10-14>11p15.5-p15.4)
2.TCF7L2(#E10-14>10q25.2-q25.3)
3.FTO(#E10-14>16q 12.2)
4.CDKN2A(#E10-14>9q21.3)
5.SLC30A8(#E10-14>8q24.11)
6.MTNR1B(#E10-14>11q21-q22)

EPPDBへ戻る

ゲノム医療教育プログラム:医療機関及び先端ヘルスケア機関向け

ゲノム医療教育プログラム:GERUA

本プログラムは遺伝情報を適切に利用するための医療教育プログラムです。
ヘルスケア機関の方が受講対象者となっています。

この教育プログラムにより、先端的医療のベースを培うことが出来ると共に、
現代医療技術のリテラシーの向上につながります。
医療機関での継続研鑽などに是非ご活用下さい。

ゲノム医療-予防医学と遺伝子-

「ヒトゲノムは人類の共通の遺産である」と、人権の観点からヒトゲノムを位置づけた宣言の採択から15年。その間に、ヒトゲノム計画での全配列解読が完了し、現在では、この遺伝子情報を基軸とした、診断、治療、創薬などの医療分野における技術開発や臨床応用がめまぐるしい拡がりを見せている。

これまで一つの疾患に対するひとつ、あるいはいくつかの症状は原因と結果という一方向の単純なつながりでしか理解されなかったが、ヒトゲノム計画の一部でもあったSNP解析から、現在では個人ごとの遺伝子情報に基づく根本的な背景が様々な疾患と密接に関わっていることが明らかになっており、オーダーメイド医療の実現はそう遠くない。

いまや世界的にも罹患者数が増え続けている‘がん’も、遺伝子の病気という代名詞が付くほどに遺伝子変異等の寄与は大きいが、そこには我々が生活するなかで自ずと触れている多くの環境因子の影響も忘れてはならない。

ゲノム情報や細胞内の分子情報から、的確にターゲットを絞ることで効果を高め、副作用を軽減できるとして、医療において欠かせない存在となっている抗体医薬や分子標的薬。(基礎研究ウラ話→開発につながると信じて、どこでもターゲット探しに躍起になっている。飯島の体験談@がんセンター)

向こう3年で、バイオビジネス市場における抗体医薬、分子標的薬開発は圧倒的な伸びを見せると予想されている。

一方で、現在の臨床現場に目を向けてみると、画像診断、血液検査など様々な技術が進歩したものの、医療の現状は、【病気になった結果を見る】検査をし、それを治療するものである。しかし、遺伝子医学が進んでいく将来、かならず、これからこんな病気になるだろうという未病状態を診断して、病気にならない指導をする予防医療が可能且つ必要になる。

世界的な動向から見ても、我が国における医療は、今後ますます遺伝子情報をはじめとした、あらゆる情報やデータを活用したものへと発展することは言うまでもない。
しかし、どのように高度なゲノム科学の知識を駆使できたとしても、それを分かりやすく患者本人へ丁寧に分かりやすく伝えることができなければ、混乱や妄想が広がるばかりだ。
ゲノム医療の恩恵や限界を知るには、体系的に「ゲノム・遺伝子とは何か?」、「ゲノム・遺伝子により可能なものは何か?」について知ることが必要である。

講義プログラムインデックス

ゲノム医療-予防医学と遺伝子-(GERUAプログラム連動)
1.ゲノム・遺伝子 用語の理解
2.遺伝子と疾患 SNP、CNV、突然変異
3.遺伝性疾患と(後天的)遺伝子変異による疾患(環境因子vs遺伝因子)
4.がん、生活習慣病 具体的な疾患例、遺伝要因・環境要因に基づく事例
5.ゲノム・生命科学研究 疾患オミックス研究など
6.新薬開発への応用 分子標的薬
7.遺伝子診断、疾患リスク評価 そのリスクと倫理
8.ゲノム医療の将来

全8講義 1講義2時間程度
本プログラムは、遺伝因子環境因子相関理解認定者(Genome Envirome Relation Understanding Authorization : GERUA)プログラム認定コース単位と連動しています。
Envirome-Genome Analysis Sheet 環境・遺伝情報家系図解析表による単位取得ご希望の方はこのプログラムをご受講ください。
※講師は現役医療機関等博士人材若しくは医療教職等専門人材です。
プログラム受講料:287,500円(同機関申込者2名以上以降237,500円)
認定試験料:31,500円
コース開催日程、毎週日曜日
場所:東京都内指定セミナールーム(文京区、中央区、港区等)
1月、4月、7月、10月開始(現在2014年1月開始分受付中)
プログラム受講希望者は下記のコンタクトフォームより、「ゲノム医療教育プログラム:GERUAプログラム連動」とお書きの上、医療機関等を明記の上ご連絡ください。
追って、日程等詳細をお送りします。

また、人数に応じ出張講義形式も行いますので、プロジェクターなどの準備をお願いいたします。
講義終了後はGERUAプログラム認定証を付与します。

本講義の開講をご検討される機関、団体の方はコンタクトより、タイトルを「ゲノム医療-予防医学と遺伝子-」もしく「 GERUAプログラム認定コース」はとしてご連絡下さい。

ENVIROMEシリーズ第15回「疾病予測に基づくライフプランニング:遺伝子情報と環境子情報」

【ENVIROMEシリーズ】第15回「疾病予測に基づくライフプランニング遺伝子情報と環境子情報」(限定10名)

2012年11月27日(火)14時00分受付開始 14時30分講演開始

将来の疾病を予測しそれに基づく予防、ライフプランニングをしませんか?

生活習慣疾病は遺伝因子と環境因子の係わり合いにより、おきることが分かってきています。
即ち、がん、糖尿病、リウマチ、アルツハイマー病、血管系疾病などがなりやすい体質かどうかを、
遺伝子と環境子から予測可能な時代に突入したということです。

本講習の受講推奨者

医療従事者、医療プロフェッショナル

医師、薬剤師、保健士、鍼灸師、柔道整復師、看護師、管理栄養士等医療のプロフェッショナルの方
・予防の観点や医療費、保険に関する知識を着けることが出来ます。
・最先端の遺伝情報に基づく予防医療の基礎を学ぶことが出来ます。
・関連領域のビジネスとの連携構築の知識を得ることが出来ます。

税理士

・相続対策や経営者に対する、ライフスパンを含めたアドバイスに生かすことが可能です。
・健康をベースにした保険活用など、ライフプランニングの実践に生かせます。

社労士

・経営者だけでなく、社員に対する厚生に有用なツールを知ることが出来ます。

ファイナンシャルプランナー(FP)

・ライフプランニングにおいて基盤となる健康についての知識をつけることが出来ます。
・健康をベースにした保険活用など、ライフプランニングの実践に生かせます。
・相続等への応用による包括的ライフプランニングが提案できます。

生命保険募集人・損害保険募集人有資格者

・健康をベースにした保険活用など、ライフプランニングの実践に生かせます。

ENVIROMEシリーズについて

ENVIROME株式会社では遺伝子と環境子により決定される体質・生活習慣を理解することを推進し、
それを実践的な予防対策につなげていただく活動をしています。

ライフプランニングと遺伝子・環境子の有用性

ライフプランニングにおいても、遺伝的に健康でいられる期間を把握できているか否かで大きく異なる時代がきました。
今回他では絶対に聞けない、遺伝子情報・環境子情報による健康とお金のリスクマネジメントをお話しします。
皆様のビジネスに少しでもお役に立てれば幸甚に存じます。ご多忙の折かとは存じますが、是非ご参加下さいます
よう宜しくお願い申し上げます。

プログラム申し込み方法

Mail: sld@envirome.com もしくはWeb:http://envirome.jp/​contactus/
タイトルを(「遺伝子情報と環境因子情報をふまえたライフプランニング」の申込)として、氏名、電話番号、住所を記​載しご連絡下さい。
当日直接いらしていただいても構いません。

○人数:先着10名

○日時:2012年11月27日(火)
受付14時00分
開始14時30分
終了16時00分

○場所:日本生命九段センタービル 8階 会議室
(千代田区九段北4-1-7)

講演者のプロフィール

丸山 智久氏

丸山智久 氏 プロフィール
ENVIROME株式会社代表取締役社長 上級ファイナンシャル戦略アドバイザ,上級環境子遺伝子アドバイザ
遺伝子・環境因子情報を連携した健康を基盤にした資産面を含むリスクマネジメント、実践計画の専門家。
法人、個人を対象とした、健康を基盤とした継続的な発展基盤構築のプロフェッショナル。コンサルティング先大手株式会社を含む10社以上。
先端医療の観点から遺伝子情報、環境子情報双方を用い、医薬だけでなく食事、睡眠、住居、運動、入浴などを通じて女性疾病、がんを含む生活習慣病や難病の改善に取り組む。健康に関する体内バランスについての新しい考え方を提唱し、セミナなどを通じ先端医療教育にも力を入れている。
遺伝子情報に基づくがん等の疾病予防コンサルティング等、2012年現時点での相談件数は720名、相談者は経営者、医療関係者そして芸能メディア関係者と幅広い。
現在東京医科歯科大学大学院難治性疾患研究所所属、日経BP記者、ファイナンシャルプランナー等多くの顔を持つ。

ENVIROMEシリーズ第12回「遺伝子情報と環境因子情報をふまえたライフプランニング」(好評につき終了しました。)

【ENVIROMEシリーズ】第12回限定10名「遺伝子情報と環境因子情報をふまえたライフプランニング」

2012年10月4日(木)14時30分受付開始 15時講演開始

遺伝子・環境子により自身のことを理解することは、身体にいつ生活習慣疾病などの多様因疾病というアクシデントが
おこるかということについて予測が可能になるということです。
ENVIROME株式会社では遺伝子と環境子により決定される体質・生活習慣を理解することを推進し、それを実践
的な予防対策につなげていただく活動をしています。
ライフプランニングにおいても、遺伝的に健康でいられる期間を把握できているか否かで大きく異なる時代がきました。
今回他では絶対に聞けない、遺伝子情報・環境子情報による健康とお金のリスクマネジメントをお話しします。
皆様のビジネスに少しでもお役に立てれば幸甚に存じます。ご多忙の折かとは存じますが、是非ご参加下さいます
よう宜しくお願い申し上げます。

★プログラム申し込み方法★  Mail: sld@envirome.com もしくはWeb:http://envirome.jp/​contactus/
タイトルを(「遺伝子情報と環境因子情報をふまえたライフプランニング」の申込)として、氏名、電話番号、住所を記​載しご連絡下さい。

★人数:先着10名

★日時:2012年10月4日(木)
受付14時30分
開始15時00分
終了17時00分

★場所:日本生命九段センタービル 8階 会議室
(千代田区九段北4-1-7)

講演者のプロフィール

丸山 智久氏

丸山智久 氏 プロフィール
ENVIROME株式会社代表取締役社長 上級ファイナンシャル戦略アドバイザ,上級環境子遺伝子アドバイザ
遺伝子・環境因子情報を連携した健康を基盤にした資産面を含むリスクマネジメント、実践計画の専門家。
法人、個人を対象とした、健康を基盤とした継続的な発展基盤構築のプロフェッショナル。コンサルティング先大手株式会社を含む10社以上。
先端医療の観点から遺伝子情報、環境子情報双方を用い、医薬だけでなく食事、睡眠、住居、運動、入浴などを通じて女性疾病、がんを含む生活習慣病や難病の改善に取り組む。健康に関する体内バランスについての新しい考え方を提唱し、セミナなどを通じ先端医療教育にも力を入れている。
遺伝子情報に基づくがん等の疾病予防コンサルティング等、2012年現時点での相談件数は720名、相談者は経営者、医療関係者そして芸能メディア関係者と幅広い。
現在東京医科歯科大学大学院難治性疾患研究所所属、日経BP記者、ファイナンシャルプランナー等多くの顔を持つ。

アンチエイジング・予防実践シリーズ第7回「健康・美容から考える入浴の効果-遺伝子と環境子」

【ENVIROMEシリーズ】第7回「健康・美容から考​える入浴の効果-」

~遺伝子と環境子から考える健康生活~

皆様のおかげで毎回満席でお届けさせていただいている​、ENVIROME、環境子と遺伝子セミナーシリーズで​は、今回、「入浴」を取り上げます。

※※※入浴剤のお土産付き※※※

今まで、ENVIROMEでは呼吸法や睡眠、食事、か​おり、についての生活環境や遺伝子について考えてきまし​た。
残暑の厳しい時、夏の暑さで疲れた身体を、正しい入浴​方法をとることで、メンテナンスしてみませんか?

2012年9月29日(土)開始15時~

**************************​**
ENVIROME(エンヴィローム)株式会社では、遺伝​子等により自身の体質、本質的なものを理解することを推進し、それを実践的な予防・対策等につなげております。

予防の実践において、運動・食生活・睡眠・生活環境等​が特に大きなポイントとなってきます。

そこで今回、ENVIROME株式会社では「入浴」につ​いて、様々なメディアで活躍されているお風呂の達人石川​泰弘氏(株式会社バスクリン)との共同セミナーを企画しました。

他では聞けない入浴という行為を学び正しい入浴を​知ることで
皆さんに健康について考えてもらいたいと考えています。

プログラム

受付開始
(1)ご挨拶
丸山 智久 氏 (ENVIROME株式会社 代表取締​役)
(2)「遺伝因子と環境因子から入浴を考える」    ​
丸山 智久 氏 (ENVIROME株式会社 代表取締​役)
休憩
(3) 「入浴環境の違いによる様々な人体への影響」
石川 泰弘氏(株式会社バスクリン広報責任者)
(4) 質疑応答
終了

★対象★
お風呂でリラックスしたい方ならどなたでも。

プログラム申し込み方法

Mail: sld@envirome.com もしくはWeb:http://envirome.jp/​contactus/
タイトルを(第7回「遺伝子と入浴の効果」)と​して、氏名、電話番号、住所を記載しご連絡下さい。

★日時:2012年9月29日(土)15時開始

★場所:学士会館
〒101-8459 東京都千代田区神田錦町3-28
地下鉄都営三田線/都営新宿線/東京メトロ半蔵門線
「神保町」駅下車A9出口徒歩1分
★受講料:2000円

◆講演者のプロフィール
石川 泰弘氏
株式会社バスクリン広報責任者 温泉入浴指導員 睡眠改​善インストラクター

丸山 智久氏
ENVIROME株式会社代表取締役社長 兼 CEO/Founder  上級環境子遺伝子アドバイザ
現在東京医科歯科大学大学院難治性疾患研究所医学博士課​程
日本で唯一の遺伝情報と環境因子情報をマッチングした「​健康と資産と夢のバランス」のリスクマネジメントの専門​家
相談件数は年間300人、相談者は主に経営者、医療関係​者そして芸能メディア関係者と幅広い。

アンチエイジング・予防実践シリーズ第6回「香り環境がもたらす効果」(盛況にて終了いたしました)

香り環境がもたらす効果

~アロマテラピーの事業導入のススメ(環境・遺伝学的エ​ビデンスを踏まえて)~
(盛況にて終了いたしました)

アロマと遺伝子の不思議な関係

ENVIROME – Meagrees共催

【対象者】
・空間に関連するお仕事をされている方
・医療に関するお仕事をされている方
・住環境に関するお仕事をされている方
・教育に関するお仕事をされている方
・サービス業者全般

開催概要

【日時】
2012年7月20日(金)19:00~20:30(開​場/18:45)

【開催場所】
東京都港区東麻布1-7-7
フォレシティ東麻布 801号室 
(ヴェリタスコーポレーション セミナールーム)

<アクセス>
都営地下鉄大江戸線「赤羽橋」駅 赤羽橋出口より徒歩3​分
(国道1号線/桜田通り沿い。1階外車ARTEGAのビ​ル)
※駐車場は御座いません。

【当日のスケジュール】
①香りによる環境整備と、予防医療との相性の良さを、
遺伝子・環境因子の見地からお話します。
(ENVIROME株式会社 代表取締役社長兼CEO 丸山智久)

②実際に、精油を用いた芳香浴やハンドトリートメントを​体感していただきます。
 (Meagrees 代表 酒井めぐみ)

③実習後に、ご自身の体の変化を感じて頂きながら、体に​対する影響や、現場(産婦人科等)でのエビデンスの紹介​。
 さらに、実際に導入する際の必要な技術や注意点なども​お伝えする予定です。
 (Meagrees 代表 酒井めぐみ)

【事前エントリー制】
・先着12名

Genome and Envirome (遺伝(因)子と環境(因)子)

Genome and Envirome (遺伝因子と環境因子)

わたしたちは、個人の生活に密接にかかわっていき、その遺伝子と環境因子について、明らかにしていくことで、自身を知ることができ、よい選択をできるような社会づくりに貢献したいと考えています。

遺伝(因)子と環境(因)子の関係には下記の図のような関係があります。遺伝子は生命の設計図であり、成長や代謝に合わせて、身体の基本の構造をコントロールするものとなっています。

一方、環境子は、後天的な因子であり、まさに生きていく中での経験で蓄積されていくものです。遺伝情報により環境との相互作用の積み重ねが起こり、それが現在の身体を構築していると言えます。

Genome  and  Envirome build up our Life (Phenome)

Genome(遺伝因子:遺伝子)とは

遺伝子には祖先より代々少しずつ、時にはドラスティックに変化し続けてきた生命の設計図の情報が記載されています。

Genomeという言葉は遺伝子:Geneの総体:Omeという意味合いで作られたとされています。

全ての遺伝情報がGenome:遺伝子という言葉として使われていますが、Gene:遺伝子としても使われています。日本語において言葉の定義があいまいです。

ここでは、遺伝的素因子情報として、因子の総体という意味をこめて遺伝子という言葉を使っています。

Envirome(環境因子:環境子)とは

Enviromeという言葉について聴きなじみが無い方も多いと思います。

Enviromeとは環境因子の総体であり、Genome (遺伝子) に働きかけて、今の生体の状態即ちPhenome (表現形質)を作り上げるものと定義されています。

Enviromeは、物理的に様々な階層に分けられ、それは生命に影響を与えるシステム構成単位として20以上の構成に分けることができます。また社会環境としては、「文化的要因」、「空間的・力学的要因」、「物質的要因(生理的要因と生物学的要因)」のように分けることができます。(人間の場合)

生命に影響を与えるシステム構成単位

0.素粒子 (Particle)

1.元素 (Element)

2.分子 (Molecule)

3.核酸 (Nucleotides) ←  3.1G*2 DNAs, RNA etc…

4.遺伝子 (Genome) ← 21,787 身体の設計図(生命の傾向を予測可能)

5.たんぱく質 (Proteome) ← 約100,000個 (アミノ酸コドン20種類)

6.染色体 (Chromosome) ← 22+X and 22+(X or Y) 計 46本

7.細胞 (Cell) ← 約60兆個?(体重ベース)

8.組織 (Tissue)

9.器官 (Organ) ←胃、肺、心臓、耳、脳、子宮、血管、骨等

10.器官系 (Organ System) ←循環器系、消化器系、神経系、呼吸器系、免疫系、内分泌器系等

11.身体全体 (The whole body)

12.家族 (Family)

13.コミュニティー (Community)

14.地域 (Region)

15.国家 (State)

16.多国家地域(Multi-State Region)

(アジア、ヨーロッパ、オセアニア、北アメリカ、南アメリカ… : Asia, Europe, Oceania, North America, South America …) )

17. 全世界(Worldwide)

18.太陽系 (Solar System)

19.銀河 (Galaxy)

20.銀河系(Galaxy System)

21.・・・・・・・

文化的要因

1.食生活

2.言語

3.家族関係

4.教育

5.ライフサイクル

6.音楽

7.伝統知識(伝統医療等)

8.伝統文化

9.宗教

10.その他

物質的要因(生理的要因と生物学的要因)

1.薬

環境因子としての薬(薬剤師の視点)

2.食

環境因子としての食(薬剤師の視点)
環境因子としての食(管理栄養士の視点)

3.栄養成分

4.ミネラル

5.大気構成物質

6.水

7.微生物

8.ウィルス

9.共生生物

10.寄生生物

11.その他

空間的・力学的要因

1.光

2.放射線

3.重力

4.大気圧

5.湿気

6.温度

7.天候

8.浸透圧

9.電磁波

10.その他

Enviromeについての理解を深めるために

Enviromeを考察するに当たり、まったく同じ遺伝子を持つ双子の例を取り上げてみます。

双子は例え同じ遺伝子を持っていても育った環境により個性や見た目が変わってきます。

どの生物でもこれは言えますが、特に人間の様な進化を重ねてきた生物は育った環境(家庭環境、教育、食べたもの、すってきた空気、運動の有無等々)の影響がとても大きく、

例え遺伝子という身体の設計図が同じであっても違う形質を取っていきます。

即ち、Envirome (環境(因)子)とは、私達人間の様な生き物にとって、

設計図であるGenome (遺伝(因)子)に働きかけ、Phenome (発現系(つまり現在の生体状態))を作り出すものして先ほどの定義を言い換えることも出来ます。

Envirome(環境因子)の構成要素分類

Envirome (環境(因)子)を物理的要因に大別すると、Time (時間) 、Space (空間)、 Force (力)、及びそれらのRelationships (関連性(相関))、Information (情報) 等(一部共通要素も含まれまた他にも見つかって無い因子があるかもしれません)に属するステータスによって、

物質である生体に働きかけを行っていることが分かってきます。

例えば、生まれたばかりの赤ちゃんは生きていくのに適切な栄養さえ提供されれば、Genome (遺伝(因)子)により決定されるものが殆どですが、いったん生まれ出でて成長しはじめた生体はEnvirome (環境(因)子)により大幅に刻々と変化を遂げていきます。

物質システムとしての生物

このように生物という物理的作用を受ける物質によりシステム的構造をかたち作っている、私達人間において、

Genomeは先天的にEnviromeは後天的に形作るものです。

つまり、

Genome (遺伝子) + Envirome (環境(因)子) = Phenome (発現系)

という基本式を作ることが可能です。

(実際はVirusや紫外線の様にEnviromeが直接遺伝子を変化させてしまう例もあり、もう少しこの式は複雑です。)

Genome  and  Envirome build up our Life (Phenome)

会社案内へ戻る

個人の方へ:ENVIROMEは健康を最優先に考えています

個人の方へ:ENVIROMEは健康を最優先に考えています

ENVIROME(エンヴィローム)は生命を一番のベースとして考えています。
エンヴィロームお客様の生涯のプランニングを最先端の医療知識による健康バランス構築(ヘルスケアプランニング)、ファイナンシャルプランニングなどを元に実践していきます。
お客様の健康上のリスク、財産上のリスクを可能な限り可視化、数値化し、健康と資産のバランスを取れたよりよい生活設計を提案します。
また、わたしたちは専門的な各種医療機関、代替医療機関、栄養関連機関、スポーツ関連施設と連携しています。

そして、がんをはじめとして、糖尿病、心・血管疾患、アレルギー等免疫疾患、高血圧、脂質異常症、肥満等の生活習慣疾病の予防に遺伝子というアプローチから取り組んでおります。
同時にこれら生活習慣疾病の改善にも名医の居る専門医療機関等との連携により、つとめています。

人間の生命活動において生じてくるイベント(出産、育児、結婚、子作り、加齢、終末期)に対して、健康をベースに資産設計を行うことができます。

これは、先端的医療・先進医療に明るいわたしたちだけにしか出来ないプランニングです。

現在、医師をはじめとした医療従事者、資産家、芸能人等の著名人がクライアントとなっております。お蔭様で相談者希望者が多数いらっしゃいます。完全予約制で対応しておりますので、まずはお問い合わせ下さい。

お問合せ先は、以下までお願いいたします。
Mail: sld@envirome.com もしくはWeb:http://envirome.jp/contactus/

個人の方への健康をベースにした予防・予算・予測によるバランス構築関連情報

個人の方への健康をベースに様々なリスクマネジメントに取り組んでいます。
たとえばがんなどの疾病にかかるリスクが高いとされた方の今後の生活の改善点等のサポート
アトピー、花粉症、COPD、喘息、アレルギー疾患等の疾病に関する生活改善のサポート等を医療機関と連携して行います。

遺伝子検査,かけい診断・解析, 予防習慣構築コーチングガイド

遺伝子検査や、かけい(家系・家計)診断により、包括的に自分の受け継いでいる遺伝子を理解し、疾病対策につなげるサポートなどを行っております。また、その基盤をもとに健康生活の実践として予防週間に関するコーチングガイドを3ヶ月間という習慣定着ができる期間の間、コーチが定期的にサポートする予防習慣構築コーチングガイド: Prevention build coaching and guideのサービスなどを行っています。

予防対象疾病領域別:健康を機軸とした人生計画のサポート

疾病領域別にENVIROMEでは医療では、医薬品や医療機関の治療のみではまかない切れないような個人の生活等に依存する、
疾病の遺伝的要因(遺伝子)・環境的要因(環境子)をバランス構築する事により疾病の改善を医療機関と連携し、行っていきます。

遺伝的情報と環境的情報の先進的理解を実践することによる、
環境的要因(生活に関する要因)の改善により飛躍的に疾病進行防止や予防が出来る例が蓄積してきています。

がん等の疾病サポート

– 皮膚がん
– 膀胱がん
– 脳腫瘍
– 慢性リンパ性白血病
– 大腸がん
– 肺がん
– すい臓がん
– 甲状腺がん
女性に特有(もしくは多い)がん
– 卵巣がん
– 乳がん
男性に特有のがん
– 前立腺がん
– 精巣がん

血液等に付随する疾病サポート

– 慢性リンパ性白血病
– ヘモクロマトーシス
– 全身性エリテマトーデス
– 静脈血栓塞栓症

骨・関節・筋肉に関する疾病サポート

– 痛風
– 関節リウマチ

脳・神経に関する疾病サポート

– アルツハイマー病
– 脳腫瘍
– 本態性振戦
– 多発性硬化症
– むずむず脚症候群
– アルコール依存症
– 薬物依存症
– パーキンソン病

目・視力に関する疾病サポート

– 加齢黄斑変性症
– 緑内障
– 白内障

心臓・循環器に関する疾病サポート

– 腹部大動脈瘤
– 心房細動
– 脳動脈瘤
– 心筋梗塞
– 高血圧
– 低血圧
– 閉塞性動脈硬化症
– 静脈血栓塞栓症

消化・代謝系に関する疾病サポート

– セリアック病
– 大腸がん
– クローン病
– 胆石
– 乳糖不耐症
– 肥満症
– すい臓がん
– 全身性エリテマトーデス
– 1型糖尿病
– 2型糖尿病
– 潰瘍性大腸炎

腎臓・泌尿器系に関する疾病サポート

– 慢性腎疾患
– 尿路結石症

肺・呼吸器系に関する疾病サポート

– 喘息
– 慢性閉塞性肺疾患(肺気腫)
– 肺がん
– ニコチン依存症

肌・髪・爪等皮膚組織に関する疾病サポート

– アトピー性皮膚炎
– 皮膚がん(基底細胞がん)
– 男性型脱毛症
– 乾癬
– 全身性エリテマトーデス

膠原病に関する疾病サポート

– 関節リウマチ
– 全身性エリテマトーデス
– 多発性硬化症

お問合せ先は、以下までお願いいたします。
Mail: sld@envirome.com もしくはWeb:http://envirome.jp/contactus/

関連サイト

予防習慣構築コーチングガイド: Prevention build coaching and guide
http://envirome.jp/corporate-profile/abstract/kojin/pbcg/

個人のリスクヘッジ・リスクマネジメント(危機管理)
http://envirome.jp/rmrc/personalriskhedge/