Envirome-Genome Analysis Sheet (環境・遺伝情報家系図解析表:環遺家系表)

Envirome-Genome Analysis Sheet (環境・遺伝情報家系図解析表:環遺家系表)

家系図はさまざまな情報を適切に記すのに有用な役割をしています。
ENVIROMEでは、個人と家族の健康に対するリスクの洗い出しを行い、俯瞰し個人を理解するために、環境・遺伝情報家系図解析表疾病の予測や改善に用いています。
遺伝情報を理解する専門医療機関、大学系医療機関などで最近、この環境・遺伝情報家系図解析表(通称:環遺家系表)を用い、個人の理解を推し進め患者様個人だけでなく、
チーム医療として多くの方々との連携による疾病可能性とその対策の理解につなげていただいております。
131002EnviromeGenomePhenomeSheetM
Envirome-Genome Analysis Sheet(男性用)
131002EnviromeGenomePhenomeSheet
Envirome-Genome Analysis Sheet(女性用)
導入機関は増えつづけております。また、遺伝因子情報、環境因子情報、フェノタイプ(現在の身体)情報のITによるデータベース化も現在進めております。ご協力いただる医療機関やIT機関様を募集しております。

臨床遺伝専門医と認定遺伝カウンセラー、遺伝理解に取り組む医師、歯科医師の方へ

Envirome-Genome Analysis Sheetは健康利用の医療における遺伝の専門家、もしくは遺伝子情報と環境子情報の理解に取り組む医師、歯科医師へは無料で提供させていただいております。
このシートと今後のデータベースの利用を希望される上記該当の方は、下記のフォームに医療機関名と医療従事者であること若しくは遺伝関係認定証番号等を記入し、ご連絡ください。
機関及び医療者の確認を行った後、貴機関のフォーマットを作成し、お送りいたします。

※医師の方や遺伝情報に関するアップデートが少ない方には、遺伝因子環境因子相関理解認定者(Genome Envirome Relation Understanding Authorization : GERUA)の受講をお勧めします。

鍼灸師、柔術整復師、ケアマネージャ等医療関係者の方へ

Envirome-Genome Analysis Sheet(環境・遺伝情報家系図解析表:環遺家系表)の導入により、患者様の理解を増し、よい医療構築を行う機関が増えてきています。遺伝情報の理解を深めるため、GERUAコースを受講していただき認定機関に対し、上記シートを利用いただいています。
解析表記入利用のためにGERUAコースを受講していただくことで、遺伝因子環境因子相関理解認定者(Genome Envirome Relation Understanding Authorization : GERUA)の認定を付与させていただきます。
これにより、遺伝情報に基づく、個別差を見越したケアの提供が行えるようになります。
受講希望者の方は、遺伝因子環境因子相関理解認定者(Genome Envirome Relation Understanding Authorization : GERUA)講習希望として、ご連絡ください。

医療機関の遺伝情報の適切利用のニーズの高まりと利用機関の増加

現在このフォーマットを利用している機関は大学機関や主要病院、クリニック等において現在増え続けています。(遺伝専門家個人の利用も増えてきています。)

解析表記入利用と関するセミナも開催しております。

Envirome-Genome Analysis Sheet希望機関、希望者記入欄

ENVIROMEでは、機関の健康を基盤とした継続的発展に関するご相談を受け付けております。
気軽にご連絡下さい。追ってこちらからご返信致します。

お名前 (必須):Your Name (*)

ご所属の機関 (任意):Your institution

ご所属の機関の種類 (必須):Category of Your institution
医療関連機関:Medical institutionsヘルスケア産業機関:Health care industry organizationsライフプランニング関連機関:Life Planning industry organizationsその他:Others

メールアドレス (必須):Mail Address (*)

希望するサービスコンテンツ:Service Contents

ご相談内容等(相談に関する概要等あればご記入下さい)

ご連絡先①

ご連絡先②

URL

ご記入いただきありがとうございます。

また、次世代健康基盤ヴィジョンアライアンス:Health Based Vision Alliance(HBVA)参加のご相談もお受けしております。
HBVAの詳細は→次世代健康基盤ヴィジョンアライアンス(HBVA)
※次世代健康基盤ヴィジョンアライアンスとは、健康長寿をベースとした社会づくりに協力するこ公的機関、法人、個人の集合体です。
次世代に向けて健康で明るい持続可能成長ができる社会を構築するための企業間ミーティングや経営協力などを推進しております。
こちらに関するお問い合わせは別途、メール(sld(at)envirome.com)もしくはコンタクトフォームにより、HBVA参加希望として、お問い合わせください。
年2回の次世代健康産業に関する会員会合、交流会などを行っています。

お問い合わせいただきましたお客様の情報は個人情報保護法のもと弊社が責任をもち管理させていただきます。

多因子遺伝情報に基づく環境情報コントロール医療チームによる包括的疾病予防サポートについて

遺伝情報・環境情報に基づく医療チームによる疾病予防サポート開始のご案内

この度、ENVIROME株式会社は、戦略的ライフデザイン(SLD)の一環として、
ヘルスアドバイザーとして医師を含む医療チームによる、個人を対象にした遺伝情報に基づく疾病予防サポートを開始します。

MGEMS:多因子遺伝情報医療チームによる生活プランニングサポート

サポート対象疾病

サポート対象疾病は、
・がん(各領域)
・糖尿病
・リウマチ
・女性疾病
・骨粗しょう症
・高血圧
・高脂血症
・アレルギー性疾病各種
・他生活習慣疾病
となります。
他にも予防を目的にあらゆる疾病に対して、
取り組んでいこうと考えています。

多因子遺伝情報に基づく環境子コントロール

このサービスにより、私たちの遺伝情報を元にして環境情報を用い生活習慣疾病、慢性疾病の予測・予防に取り組みます。
遺伝情報により、代謝因子、神経関連因子、がん等の疾病に関わる因子を調べそれに対する生活をコントロールしていきます。
食、睡眠、呼吸、他すべての日常の行動をコントロールすることで徹底的に疾病を予防し、対策していく事が可能になります。

担当医師に関して

担当医師を含むチームは、産業医を中心に各疾病領域に強い、身体を遺伝子を含めシステムとして診る事が出来る最先端の予防知見をもった医師

これにより、既存のダイエット目的での簡易遺伝子診断によるサービスなどでは踏むこめなかった疾病の予防の領域に踏み込みます。

2011年に試験的に開始したこのプログラムは世界で初の試みになります。

環境子と遺伝子を繋ぐ予防・予測に基づく栄養プログラム

以下にあげるような環境子と遺伝子を繋ぎ、遺伝情報による疾病予測に基づく栄養学的予防として日々の生活改善を強力にサポートする事が出来るようになります。
1.環境子として、身体の構成物質、代謝を支える日々の食事において栄養学的観点を踏まえた多因子による疾病予防
2.遺伝子として、先祖より蓄積されてきた情報を踏まえ先天的科学技術により遺伝学的観点を踏まえた多因子による疾病予測

次世代医療、産業に生活改善に対する想い

わたしたちは、近代化、工業化などにより劇的に変化した生活環境の改善を先端技術である遺伝情報を元に行い、
既存の産業、医療、教育機関そして個人が健全に新しい健康領域に入っていけるようなサポートをしたいと考えております。

暖かいご理解、お力添えに感謝すると共に、
皆様のご健康をお祈り申し上げます。

2013年9月26日
ENVIROME株式会社
代表取締役社長兼CEO
丸山智久

サービスに関する報酬賃金算出根拠 : Service Fee

円換算ENVIROME報酬賃金算出方式

ENVIROMEでは各サービスに対する賃金算出根拠は基本的に円換算ENVIROME報酬賃金算出方式という独自の形式を採用して公平に算出しております。
計算式と計算係数の関係は以下になります。

-円換算ENVIROME報酬賃金算出方式-
E(金額) = P(労力) * T(時間) * 期待値(Ex) * 技術(Tc) * 希少度(R) * 長期影響度(Im) * 環境負荷度(En)
※E(全体金額),T(時間), P(労力係数)10-100%, Ex(期待値係数)0-0.8, Tc(技術係数)100 – 100,000, R(希少度)1-10, In(長期影響度(年))1-1000(通常2程度)<知的財産評価等に変更可能>, En(環境負荷度) 0-5

相談例1:中規模ヘルスケア関連企業

P:労力:30%,T:相談及び調査等に係る時間:計80時間,Ex:事業期待値:0.2,Tc:技術係数:1,800 (内訳:通常IT+次世代医療+通常法律),R:希少度:3,Im:長期影響度:1.2,En:環境負荷度:0.7
E:2,177,280円 = P*T*Ex*Tc*R*Im*En

マイルストン形式、株式支払形式、チケット制(初期20時間分498,000円)による支払い

長期影響度が不確定な中小企業や新規事業の場合、特別にマイルストン形式や株式支払形式、チケット制(20時間分498,000円)にてご相談もお受けする場合があります。

相談例2:新規事業に関する相談(ベンチャー企業)

相談回数:継続相談月1-4回、都度1-3時間程度
相談内容:根幹技術やインフラ整備等に関するアドバイス等全般
金額等インセンティブ:月80,000円の顧問及び実践料

法人相談へ戻る
個人相談へ戻る
法人相談コンタクトフォームへ

ENVIROMEシリーズ第14回「夢・目標実現の為のコーチング体験」

【ENVIROMEシリーズ】第14回「夢・目標実現の為のコーチング体験」


2012年11月15日(木)19時から20時30分(開場18時30分)
開催場所:イタリア文化会館ビル10階コーチ・エィホール (最寄駅:九段下駅・半蔵門駅)

セミナー概要
目標の実現に有用な「コーチング」

 夢(人生の目標)には、ひとそれぞれ色々なもの(例えば、健康で元気に過ごしたい、
海外旅行に行きたい、良いパートナーと巡り合いたい、会社で出世したい、
老後は楽しく過ごしたい、など)があると思います。

 夢(人生の目標)の実現には、自分自身を「今」をよく理解した上での周りとの関係・環境作りが不可欠です。
「コーチング」は円滑なコミュニケーションによる目標達成において自分自身を知り環境作りをするための有用な手法です。
もう少し詳しく説明すると「コーチング」とは相手が目標を達成するために、必要な知識やツールを備えさせ、
最短の時間で成果が上がるように、継続的にサポートしていく双方向のコミュニケーション技法です。

 今回のセミナーでは、「コーチング」のスペシャリスト(※)である 村方 仁 氏(株式会社コーチ・エィ)と
遺伝(因)子と環境(因)子から健康をベースとした夢の実現のサポートの専門家である丸山 智久 氏(ENVIROME株式会社)が
コラボレーションをして、コーチングを知らない方にでも分かりやすく、
コーチングとは何かということを実際にコーチングを体験して知っていただき、
明日からすぐに使えるコーチング技法のお話をいたします。

この実践セミナに参加した翌日から、あなたは、家族や友人とのコミュニケーションはもちろんのこと
職場での円滑な人間関係が築けることでしょう。

ぜひ、夢(人生の目標)の実現の為の小さなステップとして万障繰り合わせて
ご参加いただけたら幸いです。

※(財)生涯学習開発財団認定マスターコーチ

ENVIROMEシリーズとは

ENVIROME株式会社は健康が人生のベースと考えています。
健康について、遺伝子により自身の体質や本質的なものを理解を推進し、環境子との関連性を
明らかにしていくことで疾病の予防や健康であり続けることを応援しています。
また、その人生のベースである健康と資産と夢(人生の目標)のバランスについても構築をしています。

プログラム要旨

・ENVIROMEの想い

・What’s Coaching(コーチングとは何か)

・Exercise(コーチングを使ったエクササイズ)

・Coaching Skill(明日から使えるコーチングの手法を学ぶ)

・Training(コーチングのトレーニング方法)

★セミナー対象者:管理職、コミュニケーション能力を高めたい方
お子様をお持ちのお父様・お母様
初めてコーチングという言葉を耳にした方

プログラム申し込み方法:

メールもしくはWebよりお申し込み下さい。
Mail: sld@envirome.com
Web:http://envirome.jp/​contactus/
タイトルを(夢・目標実現の為の「コーチング体験」の申込)として、
氏名、電話番号、住所、懇親会参加の有無を記載しお申し込み下さい。

★日時:2012年11月15日(木) 開始:19時00分  終了:21時00分

★場所:イタリア文化会館ビル10階 コーチ・エィホール
東京都千代田区九段南2-1-30
地下鉄東京メトロ東西線・半蔵門線/都営新宿線 九段下駅
地下鉄東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅
会場案内図http://www.coacha.com/corp/access.html

★受講料:3,000円

★懇親会:参加費4,000円
近辺のお店にて行います。

講演者のプロフィール

村方 仁氏

株式会社コーチ・エィ (財)生涯学習開発財団認定マスターコーチ
実績)企業の経営層、管理職層、若手リーダー層など、様々な階層のビジネスリーダーに対して
1on1コーチングを実施。前年対比5倍の業績向上の実現、業績不振店舗からの脱却など多くの実績を持つ。
一年半ほどコーチング研究所に所属し、リサーチャーとして組織リサーチの設計や分析に従事した経験が、
今日の組織変革プロジェクトを推進する上での強みとなっている。現在は、様々な業種業界のプロジェクトに
従事しつつも、前職の経験を活かしてIT企業の組織変革によるプロジェクト品質向上や、多くの経験と
実績を活かして多店舗展開する小売業やサービス業におけるエリア・店舗のマネジメント力強化に関する
プロジェクトの推進が活躍の中心となっている。

http://www.coacha.com/coach/murakata.html

丸山 智久氏

ENVIROME株式会社代表取締役社長 兼 CEO/Founder  上級環境子遺伝子アドバイザ
現在東京医科歯科大学大学院難治性疾患研究所医学博士課程
日本で唯一の遺伝情報と環境因子情報をマッチングした「健康と資産と夢のバランス」のリスクマネジメントの専門家
相談件数は年間300人、相談者は主に経営者、医療関係者そして芸能メディア関係者と幅広い。

Genome and Envirome (遺伝(因)子と環境(因)子)

Genome and Envirome (遺伝因子と環境因子)

わたしたちは、個人の生活に密接にかかわっていき、その遺伝子と環境因子について、明らかにしていくことで、自身を知ることができ、よい選択をできるような社会づくりに貢献したいと考えています。

遺伝(因)子と環境(因)子の関係には下記の図のような関係があります。遺伝子は生命の設計図であり、成長や代謝に合わせて、身体の基本の構造をコントロールするものとなっています。

一方、環境子は、後天的な因子であり、まさに生きていく中での経験で蓄積されていくものです。遺伝情報により環境との相互作用の積み重ねが起こり、それが現在の身体を構築していると言えます。

Genome  and  Envirome build up our Life (Phenome)

Genome(遺伝因子:遺伝子)とは

遺伝子には祖先より代々少しずつ、時にはドラスティックに変化し続けてきた生命の設計図の情報が記載されています。

Genomeという言葉は遺伝子:Geneの総体:Omeという意味合いで作られたとされています。

全ての遺伝情報がGenome:遺伝子という言葉として使われていますが、Gene:遺伝子としても使われています。日本語において言葉の定義があいまいです。

ここでは、遺伝的素因子情報として、因子の総体という意味をこめて遺伝子という言葉を使っています。

Envirome(環境因子:環境子)とは

Enviromeという言葉について聴きなじみが無い方も多いと思います。

Enviromeとは環境因子の総体であり、Genome (遺伝子) に働きかけて、今の生体の状態即ちPhenome (表現形質)を作り上げるものと定義されています。

Enviromeは、物理的に様々な階層に分けられ、それは生命に影響を与えるシステム構成単位として20以上の構成に分けることができます。また社会環境としては、「文化的要因」、「空間的・力学的要因」、「物質的要因(生理的要因と生物学的要因)」のように分けることができます。(人間の場合)

生命に影響を与えるシステム構成単位

0.素粒子 (Particle)

1.元素 (Element)

2.分子 (Molecule)

3.核酸 (Nucleotides) ←  3.1G*2 DNAs, RNA etc…

4.遺伝子 (Genome) ← 21,787 身体の設計図(生命の傾向を予測可能)

5.たんぱく質 (Proteome) ← 約100,000個 (アミノ酸コドン20種類)

6.染色体 (Chromosome) ← 22+X and 22+(X or Y) 計 46本

7.細胞 (Cell) ← 約60兆個?(体重ベース)

8.組織 (Tissue)

9.器官 (Organ) ←胃、肺、心臓、耳、脳、子宮、血管、骨等

10.器官系 (Organ System) ←循環器系、消化器系、神経系、呼吸器系、免疫系、内分泌器系等

11.身体全体 (The whole body)

12.家族 (Family)

13.コミュニティー (Community)

14.地域 (Region)

15.国家 (State)

16.多国家地域(Multi-State Region)

(アジア、ヨーロッパ、オセアニア、北アメリカ、南アメリカ… : Asia, Europe, Oceania, North America, South America …) )

17. 全世界(Worldwide)

18.太陽系 (Solar System)

19.銀河 (Galaxy)

20.銀河系(Galaxy System)

21.・・・・・・・

文化的要因

1.食生活

2.言語

3.家族関係

4.教育

5.ライフサイクル

6.音楽

7.伝統知識(伝統医療等)

8.伝統文化

9.宗教

10.その他

物質的要因(生理的要因と生物学的要因)

1.薬

環境因子としての薬(薬剤師の視点)

2.食

環境因子としての食(薬剤師の視点)
環境因子としての食(管理栄養士の視点)

3.栄養成分

4.ミネラル

5.大気構成物質

6.水

7.微生物

8.ウィルス

9.共生生物

10.寄生生物

11.その他

空間的・力学的要因

1.光

2.放射線

3.重力

4.大気圧

5.湿気

6.温度

7.天候

8.浸透圧

9.電磁波

10.その他

Enviromeについての理解を深めるために

Enviromeを考察するに当たり、まったく同じ遺伝子を持つ双子の例を取り上げてみます。

双子は例え同じ遺伝子を持っていても育った環境により個性や見た目が変わってきます。

どの生物でもこれは言えますが、特に人間の様な進化を重ねてきた生物は育った環境(家庭環境、教育、食べたもの、すってきた空気、運動の有無等々)の影響がとても大きく、

例え遺伝子という身体の設計図が同じであっても違う形質を取っていきます。

即ち、Envirome (環境(因)子)とは、私達人間の様な生き物にとって、

設計図であるGenome (遺伝(因)子)に働きかけ、Phenome (発現系(つまり現在の生体状態))を作り出すものして先ほどの定義を言い換えることも出来ます。

Envirome(環境因子)の構成要素分類

Envirome (環境(因)子)を物理的要因に大別すると、Time (時間) 、Space (空間)、 Force (力)、及びそれらのRelationships (関連性(相関))、Information (情報) 等(一部共通要素も含まれまた他にも見つかって無い因子があるかもしれません)に属するステータスによって、

物質である生体に働きかけを行っていることが分かってきます。

例えば、生まれたばかりの赤ちゃんは生きていくのに適切な栄養さえ提供されれば、Genome (遺伝(因)子)により決定されるものが殆どですが、いったん生まれ出でて成長しはじめた生体はEnvirome (環境(因)子)により大幅に刻々と変化を遂げていきます。

物質システムとしての生物

このように生物という物理的作用を受ける物質によりシステム的構造をかたち作っている、私達人間において、

Genomeは先天的にEnviromeは後天的に形作るものです。

つまり、

Genome (遺伝子) + Envirome (環境(因)子) = Phenome (発現系)

という基本式を作ることが可能です。

(実際はVirusや紫外線の様にEnviromeが直接遺伝子を変化させてしまう例もあり、もう少しこの式は複雑です。)

Genome  and  Envirome build up our Life (Phenome)

会社案内へ戻る