IDENCHデバイス開発プロジェクトスタート

IDENCH

IDENCHデバイス

わたしたちは、IDENCHプロジェクトの一環として、遺伝子領域に関するデバイスの開発をスタートしました。
IDENCHデバイスでは、IoT技術を用い、遺伝情報をはじめとした情報を一般の方でも身近に利用できるような画期的な試みです。

個人の遺伝情報は1枚のCDに収まる程度のコンパクトな情報です。これをわかりやすく利用できる仕組みを現在開発中です。
併せて大手企業との共同開発プログラムも進行中で近日中にリリース予定です。

IDENCHプロジェクトで実現できる未来

わたしたちは生命の設計図である遺伝子をより身近に感じ、疾病管理や健康管理だけでなく、遺伝子を通して自分を知り得られるさまざまなメリットを拡大していきたいと考えています。

同時に環境因子としてさまざまな因子を整理し、理解していけるような仕組みを作っていきます。

このプロジェクトを通しENVIROMEは人類・生命の進化に貢献していきます。

「IDENCH」商標登録認可 ~遺伝子を通じた生命リテラシーの向上へ~

IDENCH

ENVIROMEの取り組む遺伝子リテラシーの向上について申請を行っていた商標「IDENCH」が特許庁から商標として登録されることが決定しました。
本商標は、商標登録番号第5734508号として平成27年1月23日に5つの指定区分※1に登録されました。

IDENCHに込めた想い

わたしたちは1998年のENVIROME母体設立から15年以上の間、35億年以上続くと言われる遺伝情報の可能性に魅了され、その科学技術の発展とともに歩んできました。
生命の設計図であるゲノム(Genome)、遺伝子(Gene)に込められている本質をだれもが理解できる世の中にしたいという想いでこの商標の登録に至りました。
生命はうつくしいものです。そして多様性がわたしたちのすむ地球を素晴らしいものにしています。その生命をだれもが理解し、貴い尊い生命を大切におもえるような世の中づくりに貢献したいと考えております。

この商標を通じ、「エデュテイメント」「自己理解と戦略的ライフデザイン」「健康・医療研究」のさらなる革新につとめてまいります。

エデュテインメント : Edutainment

いのちの可能性と大切さをたのしみながらまなび、それをさらによいものに「進化させる」ことができるように、この商標を通じ、楽しめる教育を推進します。

自己理解と戦略的ライフデザイン : Self-understanding and strategic life design

遺伝子を通じた自己理解の推進をおこないます。また、わたしたちが提唱している、健康を基盤とした戦略的ライフデザイン(SLD)を推進していきます。

健康・医療研究 : Health and Medical research

さらに、遺伝情報の多様性から導き出される健康や医療に関する、さまざまな知見と先端IT技術なども駆使したデータマイニングやソフトウェア開発、創薬などヘルスケア領域の向上に貢献する活動をしてまいります。

※1:今回登録された指定商品または指定薬務並びに商品及び役務の区分(List of goods and services)
第14類(時計、身飾品等)、第41類(実施教育、コーチング、セミナー等)、第42類(臨床試験、生物研究等)、第44類(健康管理に関する指導及び女権、医業等)、第45類(知的財産権に関する助言等)

遺伝子のあるくらし- yEN(社会進化の会)セミナー

〜カラダの設計図を知り、自身の健康生活に活かそう~

遺伝子は身体の設計図です。
遺伝情報の正しい理解を促進しその先にある素晴らしい将来を考え、自分自身の設計図を知りな生活に活かしていただくために
ENVIROMEでは「遺伝子のあるくらし」という会を開催しています。

社会進化の会の後援で行っています。

プログラム内容

以下のようなプログラムで現在開催しております。

0,社会進化の会の紹介、ご挨拶 (丸山)
1,遺伝子とは。(ゲノム、遺伝子、染色体?)(メイン講師: 丸山智久)
2,遺伝子について参加者で考える。(ファシリテーター: 山本伸)
遺伝子のイメージ。
期待と不安について。(ショートブレインストーミング)
3,本講演 (メイン講師: 丸山智久)
比較することの重要性
遺伝子についての基礎
遺伝子の、有用性と社会との接点
各種キットの紹介
ルーツ(祖先を考える)
遺伝子からどんな健康のリスクがわかるか?(目的はなに?)

4,遺伝子が当たり前にわかる未来をみんなで考えてみよう。(ファシリテーター: 山本伸)

5,閉会のご挨拶 (山本伸)

今後「遺伝子*食」、「遺伝子*教育」、「遺伝子*性格」など、科学的な観点で様々な角度から遺伝情報の理解に切り込んでいく講演を開催予定です。
※各回限定人数で開催します。

遺伝子というものがどのようなものかを分かりやすくお伝えします

主婦の方や、中学生、高校生からサイエンティストの方まで幅広い多様性を持った方が参加されています。

最近遺伝子という言葉を多く聞きませんか?

女性起業家の代表、DeNAの南場智子さんが復帰後、「遺伝子検査」事業を開始すると発表しました。

この事業、Yahoo!や大手食品メーカーなどが続々と参入しており、注目度が高まっています。

自分の遺伝子が判れば、ダイエットも美肌もラクラク・・・?
でも、遺伝子って・・・なんかよくわからないし、遺伝子で病気とか、寿命とか判るの、怖い・・・(泣)

巷では様々な情報が氾濫していますが、遺伝子で全てが決まる、ということは決してありません。
そんなアナタも、アンジェリーナ・ジョリーさんの乳がん手術のニュースはお聞きになっているでしょう。

この検査は日本でも提供が始まっており、高額ではあれど、希望すればアナタも受診できます。

遺伝子を知ることは、ご自身の健康や人生の選択にとって重要なピースの一つになりつつあります。

自分の設計図を知れば、健康のための暮らし方を「設計」できる

理科が苦手だったの・・・、
医療ってよくわからない・・・

そんな文系OLのアナタのために、10年後も華やかに活躍するための、健康管理のヒントをお伝えします。

自分の設計図である「遺伝子」から、健康維持の方法を読み解く方法です。
既に、お酒に強い体質や、脂肪のつき方(バナナ型、リンゴ型、・・・)等々、「遺伝情報」を知る=自分を知る、ということは、なんとなく聞いたことがあるでしょう。
(最近の女性週刊誌でも、たびたび取り上げられていますね)

一方、遺伝子検査という方法、技術革新の真っ最中なので、未だ「標準化」されていません。

つまり、何が正しいのか、ハッキリしたものが少ないのです。
この会では、現時点での最新情報を吟味した上で、ご提供します。
しかも1回限りではなく、定期的に機会を設けて、皆さん自身で健康を引き寄せる方法を共有していきます。
ムシのいい情報に「騙されたくない」方は、毎回必見です。

自分を知り、大切なパートナーのことも気にかけてあげられる

ご自身の健康のヒントが見つかれば、日々の暮らしにおいて、何を変えればよいか、何を変えなくてもよいかハッキリします。

そんな情報を、大切なパートナーにも共有してみてください。

また、この会で仕入れた情報を、お友達にちょっとだけ、自慢してみれば、
「知らなかった〜教えてくれて、ありがとう!」と喜ばれますヨ。

イノベーションを体感する〜スマホで遺伝子を持ち歩く時代の先駆け

これらは全てIT情報革命による”イノベーション”の成果の一つです。

近い将来、おそらくたった2−3年の間に、皆さんがお使いのスマホやインターネットと同様、遺伝情報をご自身で持ち歩き、利用するという社会がやって来るのです。

それならば、まずは遺伝子検査を試してみたい!

はい、もちろんアナタの自由です。病院に行く手間も、血を抜いたりするような苦痛もありません。

ただ、専用のキットを共同購入して、ほっぺの内側をこすった綿棒を、ご返送頂く必要があります。

ああ、面倒だなぁ・・・とおっしゃるアナタのために、今回の参加お申込と同時に、キットの共同購入をご選択頂ければ、参加費は「無料」とさせて頂きます。

この会で厳選した、また海外で最もポピュラーな検査(23 and Me社;Googleの関連会社)をお試し頂けます。

米国から検査キットを共同購入するので、個人輸入よりもお得です。

もしも、既に検査結果を持っていらっしゃるならば、
それら情報をどのように読み解くか、どう活用していくかアドバイスを受けることが出来ますよ。

10年後も活躍し続けたいけど、毎日残業で肌荒れが気になる・・・
でも昇進のために、明日の企画会議は休むわけにはいかない!

そんなアナタご自身の健康のために、
そして生活、これからの人生のために、・・・

私たちと一緒に、無理なく健康を引き寄せる生活のヒントを、手に入れませんか?

※全ての遺伝子解析情報は個人情報として、遺伝子情報関係のガイドラインに従い取り扱います。
http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/bio/Seimeirinnri/
※会の性質上、個人情報等が話される場合がありますので、録音等はお控えください。
※個人情報の含まれない写真や記事等のシェアは歓迎いたします。

かけい分析相談(家系と家計の分析)のお問い合わせ

あなた自身とご家族の健康を基盤としたライフスタイル構築のために

かけい分析・解析、遺伝子検査包括サービスのお問い合わせをいただきありがとうございます。
以下にご記入の上、折り返しのご連絡をお待ちください。
※遺伝情報解析のブームとあわせ弊社の本質的サービスにより、大変予約が殺到しております。
ご希望日程をなるべく3つご記入の上、ご連絡ください。面談担当者秘書より、ご連絡させていただきます。
※東京以外でのお問い合わせも増えてきております。別途実費交通費等を頂くことで、担当として対応させていただくこともできます。
是非、記入欄にその旨連絡の上、お気軽にお問い合わせください。

電話無料相談(5分程度)

ご相談を検討されている方には、ご相談成約前に、5分程度の無料電話相談を受け付けています。
健康に関する疑問やサービスに関する疑問等ある方は、こちらからメインの連絡先にご連絡しご説明致します。
申し込み備考欄に無料相談希望とお書き下さい。

お支払いやキャンペーンについて

相談料の分割のお支払いも可能です。申し込み備考欄に分割払い相談希望とお書き下さい。

健康応援:第二回健康予防相談促進キャンペーン(ヘルスベースコーチング&ガイド成約の場合全額免除など)

戦略的ライフデザインを行った方で、ライフプランニングがうまく設計出来、
戦略的ライフデザインのENVIROMEの保健士による健康生活習慣作りのヘルスベースコーチング&ガイドプラン成立者の方はかけい分析・解析の相談費用全額免除致します。

※第二回健康予防相談促進キャンペーンは2013年11月30日までのお申し込みに限ります。お早めにご活用下さい。

家計応援:第一回金融系相談促進キャンペーン(ほけん成約・海外分散投資成約の場合半額免除など)

戦略的ライフデザインを行った方で、ライフプランニングがうまく設計出来、
戦略的ライフデザインの健康ベースコーチングプランとの連動ファイナンシャルプランニングの成立者の方はかけい分析・解析の相談費用全額免除致します。
ほけん見直し成約の場合、かけい分析・解析の相談費用半額を免除いたします。
提携先投資顧問成約の場合も当方投資応援料として5,000円をキャッシュバック致します。

※第一回金融系相談促進キャンペーンは2013年10月31日までのお申し込みに限ります。お早めにご活用下さい。

かけい分析・解析お問い合わせフォーム

ENVIROMEでは、お客様の健康を基盤としたかけい分析・解析のご相談を受け付けております。
健康を基盤とした人生設計のためにぜひご連絡下さい。追ってこちらからご返信致します。

お名前 (必須):Your Name (*)

ご面談希望場所:Place
ENVIROME秘匿スペース(E-Space)は、弊社の専属スペースです。
公共スペース(P-Space)は秘匿性が保たれやすい落ち着いたホテルのカフェなどで行います。

ご希望日:Date
大変人気となっていますので、なるべく3つの希望日をご記入ください。
第一希望日

希望時間(9:30-18:00)
第二希望日

希望時間(9:30-18:00)
第三希望日

希望時間(9:30-18:00)

ご所属の機関 (任意):Your institution

お仕事の種類 (必須):Category of Your Work

メールアドレス (必須):Mail Address (*)

希望するサービスコンテンツ:Service Contents
かけい分析・かけい解析(簡易遺伝子・環境子解析)遺伝子解析キットによる疾病可能性予測サービス(オプション)健康アドバイスサービス

ご相談内容等(特に相談に関する概要等あればご記入下さい)

ご連絡先①

ご連絡先②

URL

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

ご記入いただきありがとうございます。

お客様にあった健康長寿で素晴らしい人生を歩むサポートをさせていただければ幸いです。

※次世代健康基盤ヴィジョンアライアンス:Health Based Vision Alliance(HBVA)参加のご相談もお受けしております。
HBVAの詳細は→次世代健康基盤ヴィジョンアライアンス(HBVA)
※次世代健康基盤ヴィジョンアライアンスとは、健康長寿をベースとした社会づくりに協力するこ公的機関、法人、個人の集合体です。
次世代に向けて健康で明るい持続可能成長ができる社会を構築するための企業間ミーティングや経営協力などを推進しております。
こちらに関するお問い合わせは別途、メール(sld(at)envirome.com)もしくはコンタクトフォームにより、HBVA参加希望として、お問い合わせください。
年2回の次世代健康産業に関する会員会合、交流会などを行っています。

お問い合わせいただきましたお客様の情報は個人情報保護法のもと弊社が責任をもち管理させていただきます。

EGPDB Envirome Genome Phenome Database Project

EGPDB Envirome Genome Phenome Database Project

Envirome Genome Phenome Database Project
環境子と遺伝子と身体事象に関する包括的データベース構築プロジェクト

Envirome,Genome,Phenome Database Projectとは

疾病や身体事象:Phenomeに関する環境子(環境因子):Envirome,遺伝子(遺伝因子):Genomeを整理し、
網羅的に身体状況と遺伝や環境の関係を表すプロジェクトです。

対象疾病と身体事象

あらゆる疾患を遺伝子と環境子※の観点から、整理しその相関を示していきます。

糖尿病

糖尿病>ICD:E-10-14

悪性新生物(がん)

悪性新生物(がん)>ICD:C-0-9,D-0

心臓病(心臓疾患)

心臓病(心臓疾患)

脳卒中(脳血管疾患)

脳卒中(脳血管疾患)

精神疾患

精神疾患

膠原病

関節リウマチ (rheumatoid arthritis; RA)
全身性エリテマトーデス (systemic lupus erythematosus; SLE)
強皮症 (Scleroderma)
皮膚筋炎 (dermatomyositis complex; DM) / 多発性筋炎 (polymyositis; PM)
結節性多発性動脈炎 (polyarteritis nodosa; PN)

代謝内分泌疾患

糖尿病>ICD:E-10-14

遺伝因子優勢疾患(遺伝性疾患)

遺伝性疾患

各種の疾患

各種の疾患

ENVIROMEでは、一般の方にも遺伝子の多様性を理解していただき、身体を作る遺伝子が多因子として、環境子とのかかわりにより疾病を起こしていることを理解していただくことで、
その多因子に対する対策方法を実践していただき、よりよい健康に寄与したいと考えています。

※環境子とは:
ENVIROME株式会社環境子遺伝子研究所所長 丸山智久氏が提唱する身体事象に対しての環境を因子化するという考えに基づいた、環境の総体です。
遺伝情報に対するインプット情報としての環境をより分かりやすく示す目的に因子化を行っています。

Envirome,Genome,Phenome Database – Diabates G:CDKN2A

Envirome,Genome,Phenome Database G:CDKN2A

Envirome,Genome,Phenome Database(環境子,遺伝子,現象子データベース)

環境子・遺伝子リスト(糖尿病)

#E10-14>9p21.3(G-004)

#E10-14>9p21.3
Diabates Related Factor:G-004
糖尿病関連遺伝子>4
OMIM:600160
CYCLIN-DEPENDENT KINASE INHIBITOR 2A; CDKN2A
gene location 9:21,967,750 – 21,994,489
Phenotype:
155755=Melanoma and neural system tumor syndrome
606719=Pancreatic cancer/melanoma syndrome
155601={Melanoma, cutaneous malignant, 2}

CDKN2A:CYCLIN-DEPENDENT KINASE INHIBITOR 2A

CDKN2Aは細胞周期抑制遺伝子であり、膵臓ランゲルハンス島β細胞の増殖や維持に関係する遺伝子であると考えられている。CDKN2Aは、CDK4キナーゼ抑制遺伝子としての機能を持つアイソザイムや、癌抑制遺伝子であるp53の安定剤として作用するARFタンパクをコードしている。CDKN2Aはp53の安定剤として作用するARFタンパクをコードすることで、細胞周期G1期の制御に関与する。また、CDKN2Aはサプレッサー遺伝子として知られており、癌の発生や転移を抑制している。(1)
CDKN2AのSNP(rs10811661)は、膵臓ランゲルハンス島β細胞の機能障害に関与しており、インスリン分泌におけるrs10811661の影響を決定しているのは、血糖である。(2)
また、β細胞の増殖は若年期において、リノール酸やパルミチン酸を含むFFAによって抑制される。FFAは、細胞周期抑制遺伝子であるCDKN2Aやp18を通じてβ細胞の増殖を抑制する。CDKN2Aの発現は年齢によって異なり、若年期におけるCDKN2Aの発現は、2型糖尿病発症リスクとなることが考えられる。(3)(4)

参考文献
(1)Kovacs,E et al. Dual coding in alternative reading frames correlates with intrinsic
protein disorder Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 107 (12), 5429-5434 (2010)
(2)Martin Heni et al. Glycemia Determines the Effect of Type 2 Diabetes Risk Genes on Insulin Secretion Diabetes. 2010 December; 59(12): 3247–3252.
(3)Jordan Pascoe et al. Free Fatty Acids Block Glucose-Induced β-Cell Proliferation in Mice by Inducing Cell Cycle Inhibitors p16 and p18 Diabetes. 2012 March; 61(3): 632–641.
(4)Taneera J et al. Expression profiling of cell cycle genes in human pancreatic islets with and without type 2 diabetes. 2013 Aug 15;375(1-2):35-42. doi: 10.1016/j.mce.2013.05.003. Epub 2013 May 22.

更新日2013/09/26
著者:N.Oginome
編集者:T.Maruyama

法人相談コンタクトフォーム : Institute Contact Form

法人相談コンタクトフォーム

法人相談をご検討いただきありがとうございます。
よりよい社会に向けた次世代医療やIT技術などを融合する健康基盤とした事業体系は、貴企業を健全で長期的な発展へと導きます。
現在、いくつかの企業が既に継続的成長および長期的利益の達成をしています。

また、特に遺伝子関連事業などのお問い合わせが最近増えてきています。

ぜひ、ヴィジョンメイキングに関するオンリーワンである弊社にご相談をご依頼ください。

機関お問い合わせフォーム

エンビローム株式会社では、機関の健康を基盤とした継続的発展に関するご相談を受け付けております。
気軽にご連絡下さい。追ってこちらからご返信致します。

お名前 (必須):Your Name (*)

ご所属の機関 (任意):Your institution

ご所属の機関の種類 (必須):Category of Your institution
医療関連機関:Medical institutionsヘルスケア産業機関:Health care industry organizationsバイオ産業機関:Bio industry organizationsIT関連機関:IT-related institutionsコンサルティング企業:Consulting Firmリサーチ企業:Research Firm金融機関:Financial Firm伝統文化関連機関:Traditional culture related institutionsその他:Others

メールアドレス (必須):Mail Address (*)

希望するサービスコンテンツ:Service Contents

ご相談内容等(相談に関する概要等あればご記入下さい)

ご連絡先①

ご連絡先②

URL

ご記入いただきありがとうございます。

また、次世代健康基盤ヴィジョンアライアンス:Health Based Vision Alliance(HBVA)参加のご相談もお受けしております。
HBVAの詳細は→次世代健康基盤ヴィジョンアライアンス(HBVA)
※次世代健康基盤ヴィジョンアライアンスとは、健康長寿をベースとした社会づくりに協力するこ公的機関、法人、個人の集合体です。
次世代に向けて健康で明るい持続可能成長ができる社会を構築するための企業間ミーティングや経営協力などを推進しております。
こちらに関するお問い合わせは別途、メール(sld(at)envirome.com)もしくはコンタクトフォームにより、HBVA参加希望として、お問い合わせください。
年2回の次世代健康産業に関する会員会合、交流会などを行っています。

お問い合わせいただきましたお客様の情報は個人情報保護法のもと弊社が責任をもち管理させていただきます。

Envirome,Genome,Phenome Database – Diabates G:FTO

Envirome,Genome,Phenome Database G:FTO

Envirome,Genome,Phenome Database(環境子,遺伝子,現象子データベース)

環境子・遺伝子リスト(糖尿病)

#E10~14>16q 12.2(G-003)

#E10~14>16q 12.2
Diabates Related Factor:G-003
糖尿病関連遺伝子>1
HGNC Approved Gene Symbol:FTO(Fat and obesity associated, alpha-keto glutarate-dependent doozy genes),ALKBH9
AlkB homolog 9; alpha-ketoglutarate-dependent dioxygenase FTO; fat mass and obesity-associated protein; protein fto
Cytogenetic location: 16q12.2
Genomic coordinates (GRCh37): 16: 53,737,875 – 54,148,379

FTO:Fat and obesity associated, alpha-keto glutarate-dependent doozy genes

FTOとは、核酸の脱メチル化酵素であり、脂肪組織や視床下部で発現する遺伝子である。特に視床下部では、栄養状態が悪化すると発現量が増加する。FTOは、酸化的代謝、脂肪合成、筋での酸化ストレスに影響する可能性のある遺伝子である。また、2-oxo-glutarate(2-OG)依存性ジオキシゲナーゼ酵素ファミリーの一員であり、アルキル化されたDNAやRNAを酸化的脱メチル化によって修復する。二本鎖DNAに活性を示さず、含まれる塩基によって活性が異なる酵素である。(1)(2)
rs9939609のリスクアリルがホモ接合の場合、体重増加傾向を示す。FTOノックアウトマウスでは、エネルギー消費量が増加することから、FTOの過剰発現は、発現量依存的に体重と脂肪量増加に関与する。FTO過剰発現に加え、高脂肪食を摂取することで、耐糖能異常を出現させる。これにより、2型糖尿病発症リスクが高まる。(3)(4)FTOは、2型糖尿病発症時に骨格筋で過剰に発現するが、チアゾリジン薬によりFTOの発現を減少させることができる。(5)

Gene Phenotype Relationships

Omim#:Phenotype
612938=Growth retardation, developmental delay, coarse facies, and early death (成長遅延、発育遅延、および早期死亡)
612460=Body mass index QTL14

参考文献

(1)春日雅人/編 糖尿病学イラストレイテッド 発症機序・病態と治療薬の作用機序
(2)門脇 孝 等編 糖尿病学 基礎と臨床アップデート版Ⅰ 
(3)Church C et al. Overexpression of FTO leads to increased food intake and results in obesity. Nature Genetics 42 1086-1092 (2010)
(4)Timothy M Frayling et al.A Common Variant in the FTO Gene Is Associated with Body Mass Index and Predisposes to Childhood and Adult Obesity. Science vol.316 no.5286 pp889-894
(5)Bravard A et al. FTO is increased in muscle during type 2 diabetes, and its overexpression in myotubes alters insulin signaling, enhances lipogenesis and ROS production, and induces mitochondrial dysfunction. Diabetes January 2011 vol.60 no.1 258-268

更新日2013/09/18
著者:N.Oginome
編集者:T.Maruyama

EGPDB:Diabates (糖尿病関連因子)

EGPDB:Diabates (糖尿病関連因子)

糖尿病に関連する遺伝子と環境子を記しています。

糖尿病とは

血糖を調節するインスリンが不足し、常に血糖が高い状態になっている状態。
Ⅰ型とⅡ型が知られる。

糖尿病関連環境子(Envirome ; Environmental Factor)リスト

Drive Factor

1.高糖質食
2.高脂質食
3.肥満(BMI≧25.0)
4.歩行基準値:男性8,202歩、女性7,282歩 以下の歩行

Inhibiting Factor

糖尿病関連遺伝子(Genome ; Genetic Factor)リスト

1.KCNQ1(#E10-14>11p15.5-p15.4)
2.TCF7L2(#E10-14>10q25.2-q25.3)
3.FTO(#E10-14>16q 12.2)
4.CDKN2A(#E10-14>9q21.3)
5.SLC30A8(#E10-14>8q24.11)
6.MTNR1B(#E10-14>11q21-q22)

EPPDBへ戻る

保険に入る前に-簡易遺伝子解析のススメ(かけい分析)

保険に入る前に-簡易遺伝子解析のススメ(かけい分析)

この記事は保険に入ろうと悩んでいるであろう
1.新卒者・新社会人の方
2.結婚される方、お子様が出来た方
3.社会人の人生設計として考えている方
などの皆様へのガイドとして書かせて頂きます。

まずはじめに

もしもの時の生命保険、医療保険ですが、社会保障で大抵のことはカバーされています。
しかしながら、よりよい将来の為に保険会社の保険に入ることを検討されている方も多いとおもいます。

国民皆保険制度

私達日本人はみな国民皆保険制度に加入しています。
病院などを含む保険がきく医療行為(治療、通院、入院)には、個人が支払う上限額が定められています。
多額の医療費がかかったとしても、保険医療であれば自己負担額は上限額の範囲で収まります。(参照1)
(参照1.厚生労働省高額療養費制度)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/juuyou/kougakuiryou/index.html

これを知った上で保険をご検討下さい。

新卒者・新社会人の方の保険に関する考え方ガイド

むやみに生命保険には入らなくてよい

まず最初にむやみに生命保険には入らなくてよいことを伝えておきます。
扶養家族のいない方、独身の方、また資産的に守るべき方がいらっしゃらない方は、
生命保険(死亡保障)はほぼ必要ありません。
新卒者の方は特に考えてから入る必要があります。
高い生命保険に焦って保険に入ることで資産を圧迫するような事もあります。

自分が亡くなった時に何が必要かを考える

なくなったときかかる費用としては主に葬儀費用などがあります。
もし、死亡保障を考える方は葬儀費用として300万円程度の保険に入っておけばよいでしょう。

自分の遺伝的特性を知り医療保障を検討しよう

新卒者の方は特に、医療保障などを検討することをお薦めします。
その際、自分が遺伝的にどういう特性があるかなどを知ることで自分の入るべき保険が見えてきます。
保険には様々な種類があります。万が一疾病になった時に見当違いの保険に入っていることで、
結果的に何も保険料が下りなかったというようなことがないように保険をアレンジしましょう。

結婚される方、お子様が出来た方の保険に関する考え方ガイド

生命保険は最大限の検討を

扶養家族がいらっしゃる方は、生命保険に入ることを検討すべきです。
考え方としては万が一、自分が死んでしまったときや社会復帰に生涯がある病気になったときに、
どのくらいのお金を残せば家族が生きていけるかということを考えましょう。

高額保険に入り家計を圧迫することはかえって生活そのものの破綻を招きます。

医療保険の心構え

ご自分はどんな風に体調を崩しやすいか、例えば、がんや糖尿病等どんな病気になる可能性があるのか、
それに対してどういうことが起きて家族や家計に圧迫が生じるのかという観点から保険に入ることをおすすめします。

社会人の人生設計として考えている方の保険に関する考え方ガイド

生命保険・医療保険をどのように利用するか

収入がある程度以上ある方は資産も含めたリスクヘッジとして、保険の利用を考えるかもしれません。
その際、人生設計を踏まえ保険をどのように利用するかを考えていく必要があります。
今は返戻がある様々なタイプの保険があります。それらの特性と自分の健康をベースにした人生計画に基づき方針を決めていくことが肝心だといえます。
いずれにせよ、保険はご自分のリスクを踏まえた上で生活のバランスを保った形で設計していくことをおすすめします。

自分の疾病のリスクを知ることは、生き方そのものをスマートに変える事に繋がります。

保健に入る前にENVIROMEのかけい分析をしてみては?

ENVIROMEの行うかけい分析は家族の系譜である、遺伝情報をベースとした家系の疾病要因分析と、
生活に必須の資産面での家計分析をかけあわせたものです。
わたしたちは疾病にかかる家系的リスクを理解するお手伝いをしています。
同時に、家計面でもリスクの理解をサポートし、お客様の健康的に長く楽しく生きる戦略的サポートを行います。
これらのサービスはクリニック等の医療機関、法律系機関等とも連携して行っています。
賢い消費者として、ぜひかけい分析を人生設計の一つとして考えてみてください。

また、家系分析は医学博士、薬学博士や医師、薬剤師、看護師などはじめとした医療専門家とファイナンシャルプランナーをはじめとした金融専門家が共同で行います。

保険の準備としてのかけい分析の流れ

かけい分析の流れは以下のようになります。
0.個人情報の保護とその利用に関するご契約
Ⅰ.現状分析
1.疾病等の家系図の作成
2.ご自身の健康状況の提出分析
3.遺伝子解析(オプション)
4.生活習慣環境分析
5.労働環境分析
6.財務情報分析(ファイナンシャルプランニング)

Ⅱ.分析情報に対する改善計画策定

Ⅲ.実践サポート(各専門機関との連携)

こんな方々にかけい分析はおすすめです

人生計画について考えている方
・ご結婚を考えている方
・お子さんをお持ちの方
・ご出産を控えている方
・ご退職をされた方

疾病について考えている片
・糖尿病の方とそのご家族
・脳卒中の方とそのご家族
・がんの方とそのご家族
・リウマチの方とそのご家族
・高血圧の方とそのご家族
・パーキンソン病の方とそのご家族
・肥満で悩まれている方とそのご家族
・遺伝疾病の方とそのご家族

あなたの人生を先端技術(かけい分析=遺伝的・環境的解析)で見直しませんか?

今まではわからなかった、ご自分の見えない遺伝子情報を知り、
健康のベースである生活スタイルを理解し、疾病の可能性、それに対する包括的な対策を立ててみませんか?
「健康第一」という言葉にあるように、健康は何よりもあなたの人生の基盤となります。
あなたの健康を維持するにはあなたが自分を知り管理することが重要です。

わたしたちのこのサービスを通して
「何よりもお金に換えがたい健康を実現して欲しい。」
そして、
「遺伝的情報と環境的情報による自己理解を深めて、更に充実した人生を歩んで欲しい。」
という二つの大きな願いを持っています。
かけい分析・遺伝・かけい(家系・家計)総合解析にご興味のある方はお問い合わせから「かけい解析について」もしくは「遺伝・かけい(家系・家計)総合解析について」というタイトルでご連絡下さい。

環境子とは

※環境子とは:丸山智久先生の造語でENVIROMEの日本語訳でもあり、
身体や社会に作用しうる環境的要因であり、様々なスケールや様々な力、情報それらの複合体をあらわします。
海外では、ENVIROMEという言葉の定義はまだあいまいなものが多くありますが丸山先生は上記の太文字の意味で使用されています。

かけい分析もしくは遺伝・かけい(家系・家計)総合解析にご興味のある方はお問い合わせから「かけい解析について」もしくは「遺伝・かけい(家系・家計)総合解析について」というタイトルでmai;(sld@envirome.com)までご連絡下さい。