次世代健康基盤ヴィジョンアライアンス: Health Based Vision Alliance (HBVA)

次世代健康基盤ヴィジョンアライアンス
Health Based Vision Alliance (HBVA)入会の勧め

次世代健康基盤ヴィジョンアライアンス(HBVA)とは、健康長寿をベースとした社会づくりに協力するこ公的機関、法人、個人の集合体です。次世代に向けて健康で明るい持続可能成長ができる社会を構築するための企業間ミーティングや経営協力などを推進しております。非公開で年2回の次世代健康産業に関する会員会合、交流会などを行っています。新しい時代において健康で誰もが安心し、次世代に向け誇りを持って生きていける社会構築をご一緒しませんか?

賛助会員

◆入会金◆  賛助会員50,000円→無料(2013年12月31日まで)

◆年会費◆  賛助会員(個人)10,000円

       賛助会員(機関,法人および団体)1口 100,000円(何口でも可能)

以下のフォームより、タイトルをHBVA入会希望とし、ご連絡ください。

法人・個人の方気軽にお問い合わせ下さい

弊社では、個人・機関の健康(厚生)、資産、夢に関するご相談を受け付けております。
気軽にご連絡下さい。追ってこちらから1営業日以内にご連絡致します。
電話連絡先 03-6313-2724

お名前 (必須)

ご所属の機関 (任意)

メールアドレス (必須)

ご質問タイトル(必須)

お問い合わせの種類

質問内容(必須)

ご連絡先①

ご連絡先②

URL

ご記入ありがとうございます。

また、次世代健康基盤ヴィジョンアライアンス:Health Based Vision Alliance(HBVA)参加のご相談もお受けしております。
HBVAの詳細は→次世代健康基盤ヴィジョンアライアンス(HBVA)
※次世代健康基盤ヴィジョンアライアンスとは、健康長寿をベースとした社会づくりに協力するこ公的機関、法人、個人の集合体です。
次世代に向けて健康で明るい持続可能成長ができる社会を構築するための企業間ミーティングや経営協力などを推進しております。
こちらに関するお問い合わせは別途、メール(sld(at)envirome.com)もしくはコンタクトフォームにより、HBVA参加希望として、お問い合わせください。
年2回の次世代健康産業に関する会員会合、交流会などを行っています。

MGENS:多因子遺伝情報に基づく管理栄養士による疾病予防食生活プランニングサポートについて

遺伝情報に基づく管理栄養士による疾病予防食生活プランニングサポート開始のご案内

 この度、ENVIROME株式会社は、2012年10月1日から、
戦略的ライフデザイン(SLD)の一環として、
管理栄養士による、遺伝情報に基づく管理栄養士による疾病予防食生活プランニングサポート開始します。

MGENS:多因子遺伝情報に基づく管理栄養士による疾病予防食生活プランニングサポート

正式名:
「多因子遺伝情報に基づく管理栄養士による疾病予防食生活プランニングサポート」
通称:MGENS(エムジェンス)
Multi Genome based Enviromic Nutrigenomics Support

生活習慣疾病、アンメットメディカルニーズ領域の栄養サポート

 このサービスは日本だけでなく世界中で近年増えている生活習慣疾病をはじめとした
アンメットメディカルニーズ領域に対する、環境子として個別的な遺伝子の解析に基づいた、
栄養面での改善を目的としています。

栄養サポート対象疾病

栄養サポート対象疾病は、
・がん(各領域)
・糖尿病
・リウマチ
・女性疾病
・骨粗しょう症
・高血圧
・高脂血症
・アレルギー性疾病各種
・他生活習慣疾病
となります。

管理栄養士による医療機関との連携

現在複数の医療機関との連携もしており、
その連携の拡大も図っていきます。

多因子遺伝情報に基づいた管理栄養士による食生活改善

 このサービスにより、私たちの遺伝情報を元にした生活習慣疾病、慢性疾病の予測・予防を
遺伝情報において知ることが出来る、代謝因子、神経関連因子、がん等の疾病に関わる因子に対して、
食生活から改善出来る基礎が出来たことになります。

担当管理栄養士に関して

 担当管理栄養士は、糖尿病、がん、精神疾患をはじめとした疾病に理解の深い、
医療領域において経験のある管理栄養士が担当を致します。

 これにより、既存のダイエット目的での簡易遺伝子診断によるサービスなどでは踏むこめなかった疾病の予防の領域に踏み込みます。

 これは世界で初の試みになります。

環境子と遺伝子を繋ぐ予防・予測に基づく栄養プログラム

以下にあげるような環境子と遺伝子を繋ぎ、遺伝情報による疾病予測に基づく栄養学的予防として日々の生活改善を強力にサポートする事が出来るようになります。
1.環境子として、身体の構成物質、代謝を支える日々の食事において栄養学的観点を踏まえた多因子による疾病予防
2.遺伝子として、先祖より蓄積されてきた情報を踏まえ先天的科学技術により遺伝学的観点を踏まえた多因子による疾病予測

次世代医療、産業に生活改善に対する想い

 わたしたちは、近代化、工業化などにより劇的に変化した生活環境の改善を先端技術である遺伝情報を元に行い、
既存の産業、医療、教育機関そして個人が健全に新しい健康領域に入っていけるようなサポートをしたいと考えております。

 暖かいご理解、お力添えに感謝すると共に、
 皆様のご健康をお祈り申し上げます。

2012年9月9日
ENVIROME株式会社
代表取締役社長兼CEO
丸山智久