任意売却

任意売却FPによる任意売却

経済上の理由等から現在お住まいの不動産を手放す必要が出てきた際に、その売却不動産に関しての住宅ローンの残債額が売却価格よりも多かった場合は、通常は売却することができません。

その状態での売却の方法は
①住宅ローンの残債額と売却額との差額を自腹で支払う
②任意売却で清算する
のいずれかになります。

経済上の理由での売却の場合は①の選択肢は現実的ではないと思います。ここでは②の任意売却について弊社の提携先、株式会社カジハラプランニング代表取締役梶原孝士さんに任意売却の現状を専門家の立場から解説していただきました。

任意売却とは

この言葉からすると、不動産をお持ちの方がご自身の意思、判断で(任意的に)自由に処分(売却等)するという意味合いですが、私たちがここでいう「任意売却」とは、自分の意思だけでは処分(売却等)ができない状態で、融資金融機関または債権者の承諾を得てから、通常に近い形で不動産を処分することを「任意売却」といいます。

競売と任意売却

例えば、自宅を持っている方が、住宅ローン等の返済が相当期間滞ると融資先の金融機関は当然に返済(回収)を強く求めてきます。その回収方法のひとつが「不動産競売」といわれるものです。但し、この方法は手続きに費用と時間がかかること、また市場価格よりかなり低い場合が多く、回収額も少なくなる等の理由から、債権者は「任意売却」を勧めるケースが増えています。
住宅ローン等の滞納が発生しても、金融機関・債権者に現在の状況をきちんと説明し、売却後の返済方法等を含め誠意をもって相談すれば「任意売却」を認めていただけます。

任意売却と仲介手数料

「任意売却」の場合、売買成約に伴う仲介手数料等はお客様のご負担はございませんのでご安心ください。

任意売却は早めの相談がポイント

このようなお悩みの方は、お早めにご相談ください。
○毎月のローン返済日が心配だ。
○収入が減ってしまい、ローンの返済が難しくなってきた。
○残高が多すぎて(オーバーローン)売却出来ないと言われた。
○裁判所から「競売開始決定通知書」が届いた。
○金融機関等から「督促状・催促書」が届いた。
○役所から「差押」の通知書が来た。

<文:株式会社カジハラプランニング 代表取締役 梶原孝士>

ファイナンシャルプランナーとしてわたしたちができること成功できる任意売却

いかがでしょうか?昨今の日本の経済状況はご存知のようにあまり良くありません。
不動産を買われた時の経済状況と、現在の状況とを比べてみて少しでも不安のある方は一度ファイナンシャルプランナーにご相談ください。
ファイナンシャルプランナーであるわたしたちは現在と将来の経済状況をキャッシュフロー表等を使い、目で見て分かりやすくするお手伝いをしますい。そうすることで、この先のお客様の問題点や、今から出来る具体的な対応策が見えてきます。

また日本橋小伝馬町に弊社のファイナンシャルプランニング業務を行う店舗がございます。お気軽にお立ち寄りください

法人・個人の方気軽にお問い合わせ下さい

弊社では、個人・機関の健康(厚生)、資産、夢に関するご相談を受け付けております。
気軽にご連絡下さい。追ってこちらから1営業日以内にご連絡致します。
電話連絡先 03-6313-2724

お名前 (必須)

ご所属の機関 (任意)

メールアドレス (必須)

ご質問タイトル(必須)

お問い合わせの種類

質問内容(必須)

ご連絡先①

ご連絡先②

URL

ご記入ありがとうございます。

また、次世代健康基盤ヴィジョンアライアンス:Health Based Vision Alliance(HBVA)参加のご相談もお受けしております。
HBVAの詳細は→次世代健康基盤ヴィジョンアライアンス(HBVA)
※次世代健康基盤ヴィジョンアライアンスとは、健康長寿をベースとした社会づくりに協力するこ公的機関、法人、個人の集合体です。
次世代に向けて健康で明るい持続可能成長ができる社会を構築するための企業間ミーティングや経営協力などを推進しております。
こちらに関するお問い合わせは別途、メール(sld(at)envirome.com)もしくはコンタクトフォームにより、HBVA参加希望として、お問い合わせください。
年2回の次世代健康産業に関する会員会合、交流会などを行っています。

Financial Planning (FP)業務概要に戻る